1. トップページ
  2. かわいそうだぞう

或虎さん

37歳のおっさん

性別 男性
将来の夢 可愛い花婿さんになる!
座右の銘 可愛い花婿さんになる!

投稿済みの作品

0

かわいそうだぞう

13/05/02 コンテスト(テーマ):第七回 【自由投稿スペース】 コメント:0件 或虎 閲覧数:1641

この作品を評価する

タカシはとても賢い象だった。

 賢すぎる象だった。

 質問をするとイエスかノーで答えるのだ。

 答えるといっても。勿論喋る訳ではない。じゃあどうやって意思表示をするのかというと、あの長い特徴的な鼻を使って意思表示するのだ。

 イエスの時は鼻を縦にぶんぶん。

 ノーの時は鼻を横にぶんぶん。

 タカシの座布団ぐらいもある大きな耳に向かって問いかける。

「ご飯が欲しい?」

 縦にぶん。

「林檎が欲しい?」

 横にぶん。

「じゃあ唐辛子が欲しい?」

 激しく横にぶんぶん。

「じゃあ……バナナかなぁ?」

 縦にぶんぶぶん。

 タカシとの会話はこんな感じだ。私は、女性飼育員。ほとんどタカシ専属と言っても良いほど、タカシにつきっきりの飼育員。タカシは、私が傍に居ないと、問いかけに答えないのだ。私は、タカシにとって一番信頼できる人間であるらしい。自惚れではない。だって、タカシがそう言ったのだ。鼻を縦に振ってね。

 タカシは、人気者だった。それはそうだろう。イエス・ノー会話に限定されるとは言え、タカシは人語を完璧に理解する世界唯一の象なのだ。

 タカシをモチーフにした、スマートフォンのアプリ、キーホルダー、ぬいぐるみ、枕(イエスノー枕?)タオルやハンカチやコップやフォトグラフィーや、オリジナル饅頭、とにかくタカシ関連のノベルティーはすごい売り上げ、そして勿論、タカシのショーも世界的な人気。インターネットの動画配信では、一億回以上の再生数を記録した。またそれがニュースとして流れた。

 私とタカシは、最高のコンビだった。

 あの夏までは……

*****

「癌です」

 動物園に常在している獣医師が、タカシを定期健診した後、私に言った。

「……あの……」

 私は言葉を失ってしまった。獣医師は、悲しそうに首を振り。

「末期です。全身に転移しています。……もう、手遅れです」

「そんな……」

 絶句、途絶えた文句が、何処かで嬌声を上げているホエザルによって、悲痛な絶叫と化して引き継がれる。

「もって後……1ヶ月でしょう」

 獣医師は、まるで自分が病死してしまうのではないかと見て取れるほど、憔悴した面持ちで、つぶやいた。彼だって、タカシの事が好きなのだ。

 いや、彼だけではない。もはやタカシは世界中に愛されている象なのだ。そのタカシが、あと1ヶ月の命だなんて……

「……タカシ」

 私は泣いた。コップを逆さまにしたように涙が零れた。そんな私を見て、獣医師は言った。

「告知しますか?」

「告知?」

「タカシは……賢い象です。多分、自分が何らかの病に罹っている事は、彼も薄々感じているのではないかと思います。どうします?彼に真実を告げますか?」

「真実……」

「……そうです。このまま、何も告げずに、彼の最後を看取るのか、それとも、彼に病状を告げて、最後の1ヶ月を過ごさせるのか……貴女が選んでください」

 残酷な選択肢だった。私は……イエスともノーとも言えず、ずっと黙っていた。考えてみれば、タカシは凄い。どんな質問に対しても即座にイエス、ノーを返す彼……私にはとても真似できない……

「……しばらく考えさせてください」

「駄目です」

 獣医師は力強く私を否定する。

「貴女が考えている時間は、タカシにとってとても貴重な時間なのです。考えている暇はありません。即決してください……いや即決してあげてください、タカシのためにも」

 私は……決めた。

「タカシに真実を告げます。それが……彼との約束だから……」

 タカシを騙すような真似は出来ない。だって、彼と私とはこう約束したのだ。「お互いに嘘はよくないよ」って……

*****

「タカシ……」

 ぱおーん。

 鼻を振り上げて、応えるタカシ……とても元気に見える。でもその分厚い皮膚の下では、確実に癌細胞が分裂をして、刻一刻と彼の命を脅かしているのだ。

「聞いてタカシ……」

 タカシは私に駆け寄ってきて、膝を曲げて座った。私も座り、タカシの首筋に手を置いて、耳元に話しかけた。

「もしも……貴方が病気だとしたら……貴方は、自分の病気の詳細を知りたいと思う?」

 縦にぶん。

「……それが、どんな結果であっても?」

 縦にぶん。

「……本当に後悔はしない?」

 縦にぶん。

「……癌って分かる?」

 縦にぶん。

「タカシは……」

 駄目だ……涙が止まらない……でも…ちゃんと伝えないと。

「タカシは……癌なの」

 タカシは鼻をだらりと下げた。

「後どれくらい生きられるか……知りたい?」

 タカシは鼻を小さく揺すった。始めての反応だった。

「タカシ……どうなの?」

 タカシは暫く考えているようだったが、暫くして、ハッキリと鼻を縦にぶんと振った。

「そう……じゃあ聞いて……貴方は……後、1ヶ月の命なの」

 タカシは動かなくなった。

「ゴメンなさいタカシ……私、毎日側にいて……全然気付いてあげられなかった……獣医さんも謝ってた……ゴメンね……」

 私はまた泣いてしまった。そんな私を見かねて、タカシは鼻をそっと私の肩の上に置く。

「ゴメンねタカシ」

 タカシの鼻を抱いて、私は泣き崩れた。

*****

 タカシのショーは、相変わらず盛況だ。動画も世界中に配信されている。これは彼の選んだ事だ。私は止めたのだ。残りの1ヶ月は、ショーを止めて、やりたいことをして過ごそうって、そう言ったのに、タカシは頑として鼻を縦に振らず、最後までショーを続けると言い張った。

 私は辛かった。

 タカシとショーをしている間は、泣くことも悲しむ事も出来ない。

 タカシは、今日も鼻をぶんぶんと振り、私の質問に答える。以前にも増して元気な反応でショーをこなしていく。仕方なく私も、前よりも元気に大声を上げて、タカシに質問をする。

 そんな1ヶ月が過ぎた。

 私にとっては、世界中の人達を騙し続けた1ヶ月だった。

*****

「タカシ……」

 バックヤードで、タカシは横たわっている。側には、私しかいない。獣医さんは、さっき部屋を出て行った。

「最後に何か……言いたい事はある?」

 タカシは鼻をぶんと振る。そしてよろよろと立ち上がる。私は下敷きになっても構わないと思い。タカシの体を支える。

 タカシが、寝藁をかき分けて、地面に何かを書いた。それはぐちゃぐちゃな文字だった。でも私にはそこに、何と書かれているのか分かる気がした。

 書き終えるとぐったりとタカシは沈み込み。

 動かなくなった。

*****

 私は考えている。

 イエスとノーでしか、自分の意思を表明できなかったタカシについて。

 世の中……イエスノーで割り切れない事が沢山ある。それはタカシにとっても例外ではなかったはずだ。考えてみれば、タカシの選択は、私の質問から導き出されていたわけで、そういう意味では、彼の意思決定の範囲は、私が決めてしまっていた事になる。

「タカシは幸せだったのだろうか……」

 最後に書いた文字。

 タカシが動かなくなって、私は、外で待機していた獣医さんと、タカシがインドにいた頃の飼育員、シンさんを部屋に招き入れた。

 シンさんは言った。

「タカシが書いたんですか」

 私は首を縦に振る。

「インドの言葉で、『ありがとう』と書いてありますよ」

 それでも私は、タカシが本当に幸せだったのかどうか、未だに分からないでいる。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン