1. トップページ
  2. 手紙復活の会

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

手紙復活の会

13/04/21 コンテスト(テーマ):第二十九回 時空モノガタリ文学賞【 手紙 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:3343

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

 滝川拓馬は郵便受けから一通の手紙を取り出した。差出人は浜崎優奈とある。
 なぜこの年になって、突然に優奈からかと思ったが、不思議なものだ、胸が高鳴るから。

 浜崎優奈、拓馬の高校時代のガールフレンドだった。というより、拓馬にとっての初恋の人。
 優奈は町の高校へと電車で通っていた。多分田舎の中学校では成績一番で通してきたのだろう。どことなくツンとすましたところがあり、とっつきにくい。そんな優奈と、高校二年の時同じクラスとなった。その上に隣の席となったのだ。
 優奈は町の子には何もかも負けたくないと、学業以外でも頑張ってみせる女学生だった。そのくせ時々、少し田舎っぽい三つ編みなんかをしてきて、純情そうなところも見せていた。拓馬はそんな優奈に別段興味があったわけではない。

「ねえ、拓馬、風と共に去りぬ、スカーレット・オハラ観た?」
 授業の合間にそんなことを訊いてきた。拓馬は部活で忙しい。「それって映画のこと、そんなの知らないよ」と軽く返した。それに優奈はムッとして、「私も、自分の気持ちに正直に生きてみたいわ」とボソボソと呟いた。
 それがあまりにも正直っぽい言い草だったためか、拓馬は先生の目を盗んで食べていた早弁の蓋を落としてしまった。
 カンカラカン。静まった教室に響き渡る。
 先生はこんな出来事も飲み込んでの授業なのだろう、特に驚く風もなく、授業を淡々と続けて行く。
 横を見ると、優奈が下を向いて、ぷぷぷとあどけなく笑いを堪えてる。その後、それは唐突だった。「ところで拓馬は、何の花が好きなの?」と訊いてきた。
 優奈は一体何を考えて学校に来てるのだろうか? 拓馬は疑問だったが、とりあえず季節がらで、「紫陽花かな」と一言答えた。
 その翌朝のことだった。教壇に青い紫陽花が飾られてあった。拓馬が「あれ、優奈が」と目配せすると、優奈は「うん」と小さく頷いた。
 その表情が、おてんば娘の割に純で、天使のよう。いや、どちらかというと小悪魔のようだった。
 そして当然の成り行きだろう、これで拓馬はイチコロに。優奈を好きになってしまったのだ。
 しかし、男は学校を出て、一端の男になるためにはやらねばならぬことが一杯ある。優奈を好きになってしまったが、受験戦争を乗り越え、社会人に。
 だがこれだけでは済まない。自分の地位を固めるために一所懸命働かなければならない。
 事実、拓馬は頑張った。そして男の自信がついた時に、「優奈が好きだ、だから一緒になろう」とプロポーズするつもりだった。
 だが勤めて三年目のこと、優奈から一通の手紙が届いた。そこに一言書かれてあったのだ。

 私、結婚します、……と。

 これを目にした拓馬、無念だった。しかし、不思議にそう悲しくもなかった。むしろこれは、結婚するから、もう私の前には現れないでというメッセージだとも推量した。
 優奈との赤い糸は結ばれなかった、これも縁、仕方のないことだと拓馬はあきらめた。そして後は狂ったように仕事に没頭した。

 あれからもう三〇年の歳月は流れた。忘却の彼方に生きる優奈から突然に手紙が届いた。拓馬はおもむろに封を切る。そしてピンクの花柄の便箋を広げてみると、書かれてあったのだ。

 私、離婚しました、……と。

 そうか、優奈は夫と別れてこれから一人生きて行くのか、と思うと同時に、正直どうしようかと迷う。今でも好きな気持ちに変わりはない。すぐにでも優奈に逢いに行きたい。 が、……、がだ、拓馬には共に苦労してきた妻がいる。妻は子供たちを社会人へと立派に育ててくれた。ここまで来れたのも妻のお陰だ。感謝している。

 どうしようか?
 優奈に逢えば、今の妻との暮らしが壊れる。しかし逢ってみたい。
 さりとて逢えば人生の危機となることは間違いなし。
 拓馬の気持ちがゆらゆら揺れる。そして思案の末、拓馬は優奈に返事を書いた。

 ・・・・・・、と。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 このように手紙は嬉しくもあり悩ましいもの。
 さて、もしあなたが拓馬だったら、どう返事しますか?
 その思いを、拓馬になりかわって、一筆手紙にしたためてみませんか。

例えば
 A) 一度、お逢いしましょう
 B) 離婚するつもりです
 C) 連れ合いから見限られてます
 D) 離婚できそうにありません
 E) ただ今、人生忙しくしております
 F) 夢の世界でお逢いしましょう

 あなたの初恋の人、優奈がそれに、あらためてご返事させてもらいます。

              主催 手紙復活の会
                 (注)決して怪しい会ではありません


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/04/21 ドーナツ

拝読しました。
手紙で一喜一憂はありますね。それが好きだった相手なら尚更です。

私なら、夢の世界で会いましょうが ロマンチックかな。
でも、実際に、好きな人から離婚したなんて届いたら、待ち伏せして、直接 手渡しするかも。

13/04/21 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。
新しいパターンの展開ですね。
答えは、今の生活でよいなら、これ。「あの時、結ばれなかったのが悔まれます。今の人生では、一緒になれない運命だったと諦めました。生まれ変わって必ず、私達は出逢うことと信じています。その時まで、私は、あなたのことを心の奥に仕舞って大切にしておきます。さようならは言いません、再び出逢うその日まで、またね」たぶん、この手紙ならずっと相手の人は、自分のことを好きでいてくれ、しかも美しい思い出とともに慕い続けてくれるはずです。まあ、無難というか、ずるい手紙でしょうね。
逢いたいなら、素直に逢いに行っちゃいましょう。奥さま、お子様、そんなの考えていては駄目です。逢ってからきめちゃうのもいいのでは……。その後の人生を棒に振るか、バラ色かは拓馬さん次第。
如何ですか、拓馬さん? どちらかの採用お考えくださいませんか。(笑)

13/04/22 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

この手紙の返事は難しいね。
多少の未練と興味があるなら、「はい。さよなら」とはしたくないし・・・
まずは文通友だちから始めますか?
でも、知らない女性から手紙がきたら奥さんにマズイでしょう?
だったら、メル友がいいかしら?
う〜ん、悩んでしまいます。

13/04/30 鮎風 遊

ドーナツさん

コメントありがとうございます。

そうですね、ロマンチックに。
と行きたいものですが、手紙はやっっぱり悩ましいかな。

13/04/30 鮎風 遊

草藍さん

そうですね、拓馬次第ですね。

だけど拓馬で良かったです。
こんな状況になったら、胃に穴が開くかな。

13/04/30 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

メールの方がまだ軽いかな。
だけど味気ない。
されど手紙は重すぎる。

だったら、どうすんねん、という状況ですね。

ログイン