1. トップページ
  2. 驚きのお話

yoshikiさん

面白い作品を知り、自分でも書いて見たくなって何年も経ちました。よろしくお願いします。 2010年 小説現代S&Sコーナーに初めて送った作品が掲載されました。作品名『幽霊の見える眼鏡』 とにかく面白いものが書いていけるといいなと思っています。 イラストはエアブラシと面相筆で昔描いたものです。

性別 男性
将来の夢 楽隠居
座右の銘 不可思議はつねに美しい、どのような不可思議も美しい、それどころか不可思議のほかに美しいものはない。アンドレブルトン

投稿済みの作品

4

驚きのお話

13/04/18 コンテスト(テーマ):第六回 【自由投稿スペース】 コメント:6件 yoshiki 閲覧数:1883

この作品を評価する

 ――君たちが太陽系の人生について知っておかなければならないことはある。わたしは昔からそれを知っていた。しかしそれはひどく不快な話なのでこれまでわたしはそれを出来るだけ考えないでやってきた。
                  

                      タイタンの妖女より

  ――信頼できるスポークスマンの伝えるところによる

 臨時ニュースをお伝えいたします。本日午前九時ごろ、港区のK公園で季節外れのコートを着た白いマスクの男が、通行人になにかを耳元で囁やき、ささやかれた男性がすさまじい悲鳴をあげてその場に倒れました。本当に物凄い絶叫で周りの人達が竦みあがったという事です。
 この事件は決して滑稽な事件などではありません。笑いごとではないのです。よくお聞きください。そのあとその若い男性は悶絶し、口から泡を吹いて即死しました。目撃者の証言によりますと、被害者の男性の顔は本当の地獄でも見てしまったように歪んでいたという事です。これは大変な事件です。大事件です。そういうことが連続して起こっています。現在この怪事件は大々的に捜査が開始されています。繰り返します。これは大事件です。恐るべき事件であると言えます。
 犯人は被害者にいったい何をしたのかという事が現在検証されています。また被害者の死因については都内の大学病院で即刻、死体解剖まで行われましたが、外的もしくは内的な損傷などはなく、心臓麻痺が死因という事以外ほとんどわかっておりません。
 これはまだ推定ですが、専門筋の話によりますと想像を超える何かが被害者に心的ダメージを与えそれが死因らしいという事です。しかしみなさん、どう考えても言葉だけ聞かせて相手を殺してしまうような事が可能なのでしょうか? 言葉の暴力とは確かに存在しますが、この場合のそれはそれとは明らかに異質であると思われます。落ち着いて聞いてください。
 犯人は囁くような仕草の中に、実はとんでもないことをしているかもしれないという憶測がなされています。しかし、それが何なのかまったく何も解っておりません。また被害者側の問題という可能性も捨て切れていない状況です。
 事件の真相が中々見えてこないうちに事件が再発する可能性があります。みなさん、落ち着いて事態を把握してください。あっ、ただ今入ってきました速報によりますと、本日十八時二十分頃、新宿の高層ビルのエレベーターの中で再度事件が起こった模様です。マスクをした指名手配の男がマスクを取って何かを呟いたと言うことです。それも乗り合わせた人全員に聞こえるようにです。
 結果は最悪のものとなっております。運悪く同乗した若い女性から壮年の男性までが、エレベーターの中で引きつった表情を固まらせたまま死亡したという事です。六名の被害者の名前等は追ってお知らせいたします。まったく痛ましい事件です。恐ろしい事件です。こうなりますと被害者側に問題など見当たらないのではないでしょうか……。 犯人は何らかの方法を用いて、乗り合わせた全員を殺害したという事になります。
 ただ今、続けて最新の情報が入ってまいりました。エレベーターの防犯カメラの映像が早速解読されました。専門家の手によって男が何を囁いたのかがその唇の動きから判明したという事です。その内容に少しだけ触れたいと思います。その一部を皆さんに聞いていただきたいと思います。あ、いや、そうはいかなくなりました。またもや新しい情報です。大変な事態が発生いたしております。これを解析した人物が突然口から泡を吹いて死亡しました。なんという事でしょう。わたくしも今、全身に震えを感じたところであります。
 この言葉を、録音の音声を聞いてしまった関係者は全員死亡した模様です。信じられない事態が発生しております。大変な事態が起こっております。わたくし正直、恐怖を感じております。しかしここは私情を挟まず冷静にお伝えしていこうと思っております。
 みなさん、地元の皆さんは外出を控えて下さい。まだ犯人は捕まっておりません。繰り返します。只今大変な事件が発生しております。とても信じられません。
 犯人の背後にテロ組織が存在しているのではないかという恐れがあります。それが現在専門家の間で懸念されています。しかし、もし死ぬほど恐ろしい話を犯人が語っているとしたら、犯人はそれを知っているわけですから、なぜ当人は死なないのかといった疑問も出てまいります。これは一説によりますと外人を使ってしゃべらせたので本人に意味がわからないので死ななかったといった憶測がなされています。
 しかしこれらは未だに推測の域を出ないので真実は依然として藪の中状態です。また、ウイルス説や高周波説、或いは殺人音波説まで飛び出していますが現在何もわかっておりません。地元の方、周辺の方はくれぐれも外出をお控えください。
 現在犯人は……。
 あっと、只今犯人が逮捕されたという情報が入ってまいりました。速報です。これで一安心でしょうか……。たった今犯人の男は耳栓をした複数の特別機動隊に逮捕されたという事です。犯人は逮捕と同時に厳重に猿轡をかまされた模様です。
 しかし恐ろしい話です。聞いただけで人が死んでしまう話、もしくは声が実在していたということでしょうか。尚、犯人は風体のよくない中年男で鷹のような鋭い目をしていたということです。犯人の逮捕時の映像をまもなくご覧にいれられるかと思います。
 そして、先ほどの防犯カメラの映像が解読されまして、専門家の手によって男が何を囁いたのかがその唇の動きから判明しましたので、その内容に少しだけ触れたいと思います。
 ご安心ください。これは犯人の肉声ではありません。それにこの話は冒頭だけでありまして、わたくしもこれを聞いて生きておりますのでご心配なく。さて冒頭の一部をご紹介いたします。どうぞお聞きください。
「さあて、皆さんよーくお聞き。 驚きのお話だよ、人生の本当の意味って話だよ。 ははははっ、心配しなさんな。これから哲学を語る気なんざ、さらさらないからよ。さーて実はね、○○○○○○○○、○○○○、○○○○○○○○。○○○○、○○○○×××……。○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○、○○○○○○○○」
「なんなのかよくわかりません、あっ、なにか気分が重くなってまいりました。非常に嫌な気分です……」

 ――信頼できるスポークスマンの談話・証言
 
 犯人はろくに取り調べも裁判もされないまま、闇で処刑されてしまった。彼はついに一言の釈明する機会をも与えられなかったという。しかし事件の真相は今もって解明されていない。真相は未だに闇に葬られたままである……。 余談だが、これを実は秘密警察が録音していたという話がある。その音声ファイルは厳重に保管されてあるのだと言うが、誰も聞きたくても訊けないのが実情である。

   筆者からの一言

 ――最後に読者諸氏に忠告しておきたい。怪しい人物のささやきには決して耳を傾けてはいけない。耳を塞いだままその場から一目散に立ち去るのが一番なのだ。それに限る。

                   了


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/04/19 草愛やし美

yoshikiさん、拝読しました。
読み終えまして、この囁きがどういうものだったのか、知りたくて知りたくて、聞きたいという欲望にかられている私です。ですが、聞いてはいけないんですね、複雑な気持ちです。怪しい人物が現れたら一目散に逃避するしかないという話、ああ、一度だけでいいので、聞いてみたい。(笑)
あまのじゃくとでもいうのでしょうか、禁止されればされるほど、やりたくなるという、人間の根底にある心理をついた作品で面白かったです。

13/04/20 鹿児川 晴太朗

拝読いたしました。
一体誰が、どうやって、何の為に……。まるで不明な点ばかりなのに、右に左に激動する物語に強く引きこまれました。むしろ、謎が多いからこそ、解を求めて先へ先へと読み進めたのかもしれませんが。
読者の想像力を十分に刺激しながら、圧倒的な力で物語を牽引していく構成力とでもいいますか、とてもお見事だと思いました。
暫くの間、街路でマスクを着けた人とすれ違う度に、何か囁かれはしないかと不安になる日々を過ごすことができそうです。笑

13/04/20 yoshiki

草藍さん。コメントありがとうございます。

怖いもの見たさというのがありますが、余命いくばくもなかったら、聞いてみたい気もします。(*^_^*)南無阿弥陀仏

13/04/20 yoshiki

鹿児川 晴太朗さん。コメントありがとうございました。

これは無差別テロかもしれませんね。怪談で「牛の首」というのがあり、その話を聞いた人はみな死んでしまうといいますから、怖いです。

世の中には見てはいけないものや、聞いてはいけないものがあるのかもしれませんね。(*^。^*)

13/04/22 泡沫恋歌

yoshikiさん、拝読しました。

これはテロですね?
無差別殺人ですよ! 悪魔の言葉のデスノート?
いやいや、怖い怖い。

こんなことを書いて、yoshikiさんは大丈夫? 壁]ω・)ニャ

13/04/22 yoshiki

泡沫恋歌さん。コメントありがとうございました。

思うのですが、人は何が一番怖いのか? と問うと答えは「不明なもの」だと思います。暗闇を人が恐れるのはそこは視界がきかずに見えにくいからなのではないでしょうか。怪物もその姿が見えた時点で恐怖は半減するのだと思います。なにが出てくるかわからない怖さ、それこそが真の恐怖。ブレア・ウィッチ等、恐怖映画にその典型があります。このお話もわからいことで恐怖は無限に広がるのだと思います(*^。^*)

ログイン