1. トップページ
  2. 未来からの手紙

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

4

未来からの手紙

13/04/08 コンテスト(テーマ):第二十九回 時空モノガタリ文学賞【 手紙 】 コメント:11件 こぐまじゅんこ 閲覧数:2000

この作品を評価する

 ぼくは、今、悩んでいる。
学校に行っても、心を許して話せる友だちがいない。
なんとなく話をあわせて、あたりさわりのない会話をして、嫌われないようにしているだけだ。
 だから、ぼくは、休み時間は、図書館で本ばかり読んでいる。
 冒険ものが特に好きだ。
 ぼくとは、ちがう活発な男の子が、仲間と無茶なことをしながら、冒険して成長していく物語を読むと、本当に憧れる。

 そんなある日、ぼくの家のポストをのぞくと、真っ白い封筒が入っていた。
 宛名は、
 
   沖田健太様

 ぼくだ。 誰からだろう。差出人は、


   未来のぼく より

と書いている。

 えっ、なんだって。びっくりして、ぼくは手紙を読んでみる。

 手紙には、
 
   健太様。

    今のぼくは、結構、しあわせです。
    仲間もたくさんいるし、大学で夢に向かって勉強中です。
    ちょうど、この手紙を読んでいる頃のぼくは、なんだかつまらない毎日を
    おくっていたと思います。
    親友がいない、夢もない、いつもおもしろくないと言っています。
    でも、健太、自分から行動を起こさない限り、何も変わらないんだよ。
    幸い、ぼくは、いつかそのことに気づくんです。
    だから、未来のぼくは、結構、しあわせなんです。
    どうやって、変わったかは教えられません。
    それは、ぼく自身でみつけることだからです。
    ただ、絶対みつけられます。
    なんてったって、ぼくが、そう言っているのですから・・・。
    明日から一歩 ふみだしてください。
    では、また。

                  未来のぼく より

と、書かれていた。

 ぼくは、なんだかがぜん、やる気がでてきた。
 そうか、ぼくの未来は、しあわせが待っているんだ。
 そうと決まれば、こんな、うじうじと悩んでばかりはいられない。

 ぼくは、明日から変わるぞ、と心に決めた。

    


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/04/08 光石七

微笑ましい、勇気が出るお話をありがとうございます。
「未来のぼく」は、どうやって過去の自分に手紙を出したんでしょうね?
でも、未来が明るいとわかれば頑張れそうです。
たとえこういう手紙が来なくても、未来を信じて前に進みたいものです。

13/04/08 こぐまじゅんこ

光石七さま。

コメント、ありがとうございます。
どうやって出したかは謎です。

私も、未来は明るいって漠然と思いながら生きています。

13/04/08 W・アーム・スープレックス


何十、何百という未来のぼくがいて、そのすべてが、いまの健太に保存されているのでしょうね。ちょうど種の中に花のすべてが保存されているように。もし花が種に声かけするとしたら、未来はこんなに華やかよと、いってもおかしくないような気がします。

13/04/08 こぐまじゅんこ

w・アーム・スープレックスさま。

コメント、ありがとうございます。
ほんとうに、そうですね。
花の種かぁ。
これも素敵な発想ですね。

13/04/17 泡沫恋歌

こぐまじゅんこさま、拝読しました。

未来から手紙がきたら、今の元気のない自分を
励ましてくれそうですね。

そんな手紙が届かないかなあ(笑)

13/04/17 こぐまじゅんこ

メガネさま。

コメントありがとうございます。
オチ、考えてみます。

13/04/17 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメント、ありがとうございます。
未来の私は、元気だと思っています。
たぶん、きっと。

13/05/06 汐月夜空

もしも自分が未来の自分から手紙をもらったら、あるいは過去の自分に送ったら、と思わず考えてしまう良いお話でした。
もし私が過去の自分に手紙を送る機会があったとするならば、このお話のぼくのように『しあわせ』だと伝えると思います。
辛いことも悲しいことも苦しいこともあったけど、それでも今の私は幸せで、何かをやり直したいと思ってはいないので。
自分から動かないと変わらない。人はいつかそれに気づくときがあるのでしょうね。


13/05/06 こぐまじゅんこ

汐月夜空さま。

コメントありがとうございます。
そのときは、辛くても時が経って振り返るといい思い出だったりします。
私も、過去の自分には、今、しあわせだと言いたいです。
これからも、よろしくお願いします。

ログイン