1. トップページ
  2. あれこれそれ茶漬け   (1997文字)

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

あれこれそれ茶漬け   (1997文字)

13/03/31 コンテスト(テーマ):第四回 【 自由投稿スペース 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:2757

この作品を評価する


 今は桜花爛漫の時節、高見沢一郎は久々に単身赴任先から自宅へと向かってる。そんな途中で、駅構内の漬け物店へと立ち寄った。
 ケイタイを掛けてきた妻の夏子から頼まれている、「あれ、買ってきて」と。
「ああ、わかった、あれな」と、その時は忙しく一応返事したが、夏子の「あれ」が何の「あれ」なのか確かではない。だが、長年連れ添った女房、およそのことはわかる。

「すいません、それと、これください」
 まずは目に付いたものの中から選び、指さすと、店員はすかさず「赤かぶらと桜漬けですね」と確認し、手渡してくれた。それを受け取り、今度はおもむろに「あれください」と告げる。
「ええっ?」
 店員は小首を傾げ、しばし沈黙。そしてやおら「お客さん、あれって?」と高見沢の顔を覗き込んでくる。
 高見沢はこんな反応に少したじろぐが、「白くって、ペタペタと薄い……」とまずはそのあり様を若干説明し、それから自信たっぷりに言い切る。「その、あれですよ」と。
 これじゃ何のことかわからない。店員は口を開けたまま、ポカンと放心状態に。

 そこそこ歳を取ってしまった高見沢、きっと指示代名詞の「あれ、これ、それ」に取り憑かれてしまったのだろう。そのためか、いつも「あれ、これ、それ」のてんこ盛り。
 だが、さすが漬け物屋の若い店員さん、「白くって、ペタペタと薄い」を三回繰り返し、「ああ、千枚漬けですね」と優しい笑顔でご名答。
「ああ、それが……、あれですよ」
 高見沢はお決まりの指示代名詞で答え、ニッコリとする。

 こんなサラリーマン高見沢一郎を、もし横から見ていたら、「たまには会話の中に名詞を入れろよ!」と文句の一つも付けたくなる。だがご本人は、妻の夏子から指示された「あれ」を買い求めることができて、とにかく嬉しそう。
 その結果、赤かぶらと桜漬け、それに千枚漬け、これらの漬け物を小脇に抱え、家路へと急ぐのだった。

「おかえんなさい」
 夏子はどうも機嫌が良さそうだ。何はさておき、これが一番。高見沢は安堵する。
 だが、早速夏子から「あなた、あれ買ってきてくれた?」と確認される。
 ここは待ってましたとばかりに、「ああ、これだろ」と、高見沢は自信たっぷりに袋から千枚漬けを取り出す。
 ところがどっこい、世の中そうは問屋が卸さない。「違うわよ、これ。あなた、あれが欲しいのよ」とブー。
「じゃあ、あれは……これか?」と、次に赤かぶらの切り漬けを取り出した。

 事ここに至って、あ〜あ、あにはからんや、弟はかるやだ。
「そんなんじゃないわよ、あなた。まだわかんないの、あれよ」と夏子の目がつり上がる。
 これはちょっとヤバイことに。こんな漬け物騒動から離婚に発展した例を、高見沢は多く知っている。
 だが幸運にも、高見沢には最後の一手が残されていた。そう、桜漬けだ。それを恐る恐る妻に差し出した。
 すると、お見事、アッタリー!
 夏子は「そうよ、それそれ、それなのよ」と桜漬けを手にし、ご丁寧にも「それ」の三連発までお噛ましになって、後はニコニコと満面の笑みとなる。

 確かに、夏子の「あれ」は高見沢の「あれ」とは違っていた。しかし、中(あた)らずと雖(いえど)も遠からず、漬け物はとりあえず的中した。その範疇で、桜漬けを千枚漬けと読み間違えただけだった。
 されど思えば、中年オヤジの高見沢、会社に滅私奉公中であり、まだまだ働かなければならない。こんな漬け物が発端となり、熟年離婚のドツボにはまってる時間はない。
 それだというのに、今回はホント危機一髪だった。
 勘を働かせた千枚漬け、それに赤かぶらと桜漬けという保険を掛けておいて良かったとホッとする。

 しかし、歳を取るということはこういうことなのかも知れない。「あれ、これ、それ」で、すべてのことを済ましてしまうようになる。
 さりとて、今のところ大きな問題とならず、暮らしているのだから……、まことにラッキーというものだ。
 それでもついつい「あれ、これ、それ」を多用してしまうようになった現実、これはやっぱり寂しいことかな。
 赤かぶらと千枚漬け、それと夏子ご所望の桜漬け、これらの「あれこれそれ茶漬け」をさらさらと食べながら、高見沢は俯き加減となるのだった。

 こんな落ち込んだような夫の姿を見て、夏子がボソボソと呟く。
「あなた、いいんじゃないの、『食卓に あれこれそれで 春きたる』よ」と。
 これに高見沢ははっと気付く。夏子の「あれ」、つまり桜漬けの意味が。時節がらやっぱり桜なんだと。
「あれ、これ、それ」を決して侮(あなど)るなと世間では言われてるようだが、まったくその通りだ。
 そして、高見沢は桜漬けを箸で摘まみ上げ、「あれこれそれで、春きたるだね。明日、花見にでも出掛けてみるか」と妻を誘うのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/03/31 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

「あれ、これ、それ」
主語と名詞が無くなって来ている最近の自分はまさそくそんな感じです。

いやいや〜、みんなそうなってくるんですよ年取るとね。
この物語に深く同意しました(笑)

13/04/01 名無

軽やかな文体と、主人公の飄々とした雰囲気がとても楽しくて勉強になりました。
満開の桜の情景が浮かんでくるようで素敵です。

13/04/02 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

私も、最近物忘れが酷いです。特に、名詞が出てこない、「あぁ、あれ、あれ、なんやったっけ、ほら、あれ、わからんの」言ってますね。言っている間に自分の情けない脳みそをフルに動かして何とか思い出そうとしているのですが、肝心の脳がNO!と言ってくるのです。凄く共感持てるお話でした。さくら漬け美味しいですよね、大好きです、食べたくなってきました(笑)

13/04/21 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

そうです、あれ、これ、それ。
悲劇というより喜劇の始まりです。

13/04/21 鮎風 遊

名無さん

お立ち寄りありがとうございます。

季節がら桜でちょっと味付けさせてもらいました。

13/04/21 鮎風 遊

草藍さん

桜漬けでさらさらとお茶漬け。
ああ、腹減ってきました。

「あれ、これ、それ」病が治るかも。

ログイン