1. トップページ
  2. サーカス婚

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

4

サーカス婚

13/03/13 コンテスト(テーマ):第二十六回 時空モノガタリ文学賞【 サーカス 】 コメント:7件 鮎風 遊 閲覧数:2712

この作品を評価する


「どうしたいの?」
 愛莉の手に力を込め、智也は訊いた。しかし、ブライダル・プランナーが自信たっぷりにまくし立てる。
「最近、スマ婚や楽婚が流行ってますが、当社が開発しましたサーカス婚、これがお二人の門出としてお値打ちですよ」
 智也は横槍にムッとしたが、ここは冷静に。
「マキコさんでしたよね。それって何がお値打ちなんですか?」
 こう確認すると、マキコ姉さんは背筋を伸ばし、ニッと笑った。
「もちろんサーカス婚ですから、新郎新婦さまにはパフォーマンスをしてもらいます。空中ブランコに綱渡り、それにナイフ投げ、最後はピエロになってもらいますわ。これで招待客のみなさまも、一般のお客さまも盛り上がり、お二人にとって、きっと思い出の晴れ舞台になるでしょう」
 サーカス婚は新郎新婦の参加型、確かに面白そう。だが智也は曲芸に自信がない。そんな迷いの隙に、「やっぱりサーカス婚しかないわ。それでお願いします」と愛莉が返事をしてしまった。

 月日は流れ、半年後の大安吉日、智也と愛莉の結婚式はつつがなく終わった。そして二人は披露宴のために興行中のサーカス会場へと移動した。要は特別出演させてもらうことになっている。
「お待たせしました。新郎新婦のご入場です」
 司会者・マキコの発声で幕は切って落とされた。ファンファーレが鳴り響き、智也と愛莉は派手なサーカス・コスチュームで登場。割れんばかりの拍手があり、二人を祝福する。
「ただ今より、空中ブランコをご披露して頂きます」
 いよいよスタートだ。智也と愛莉は武者震いする。
 二人は梯子を登り、向かい合ったブランコに座る。そして同時に踏み台を蹴り、身を空中へと放つ。それから三回大きく振り子のようにブランコを漕ぐ。四回目は智也が逆さとなり、空中へと舞い上がった愛莉を受け取る基本技だ。
 何回も練習を積んできたので自信はある。だがやっぱりガチガチ。
「智也、しっかり受け止めてよ!」
「ああ、愛莉、俺を信じて、飛んでおいで!」
 二人にはワイヤレス・ヘッドマイクが装着されている。こんな熱い会話が見守る人たちにまる聞こえなのだ。
 そして二人は基本通りに実行。最も近づいた時に、愛莉がふわりと飛翔した。
 それを……バチン!
 お見事! 智也は愛莉の手首をしっかり掴んだ。
 これに会場は拍手喝采。まさに素晴らしい二人の門出となった。
 そして、その後の綱渡りもなんとかこなした。

「次の出し物は、新婦による恐怖のナイフ投げです。今日のところは的を外してもらいますが、いつでも命中できますよ、ということを旦那さまにわかってもらうためのプログラムです」
 こう紹介したマキコ姉さん、なぜか嬉しそう。
「ぎょっ、そんな目的だったのか、いやだ−!」
 智也からはひきつれた叫びが。しかしそれは無視され、智也は標的の前に立たされた。愛莉を見れば、ナイフを手にして不気味に笑ってる。
「さあ、投げるわよ。もし智也に突き刺さったら、ゴメンね。そういう縁だったのよ。だから、覚悟して」
 智也の身の毛がよだつ。その瞬間、ナイフがピューンと飛んできた。
 ズコッ! 幸運にも智也を外れ、横のボードに刺さった。そして愛莉からは念押しが。
「もし浮気したら、今度は狙うからね」
 これで智也の心身は……、冷凍凝結。

「次は本日のメインイベントです。猛獣の火の輪くぐり、お二人にご披露して頂きましょう」
 ちょっと鼻についてきたマキコお姉からこんな案内があった。しかし智也は知らない。
「おいおいおい、猛獣って、ライオン? そんなの予定外だよ」
 新郎だというのに、もう文句たらたら。だがマキコお姉は可笑しなことを言う。「猛獣は智也さんですよ」と。
 それから事はとんとん拍子に。いつの間にか智也はライオンのたてがみのズラを被せられ、檻の中へと押し込まれた。
 まあ、この程度は許せるかも。
 しかし……、しかしだ、愛莉がムチを持ってるではないか! バチン、バチンと誇らしげに。
「俺が猛獣で、愛莉が猛獣使いかよ」
 智也はやっとこのプラグラムを理解した。
 だが手遅れ。仕方なく智也は、燃え盛る火の輪を、少々の火傷を負いながら……、くぐらざるを得なかったのだ。
 これで曲芸は終了。後は二人仲良くピエロとなり、観客の前で一杯おどけたパフォーマンスをした。結果、観客からはスタンディング・オベーション。幸せ気分一杯で、全プログラムは終了した。

 締めとして、ブライダル・プランナーのマキコ姉さんが最後のマイクを取った。
「智也さんと愛莉さん、これから共に歩んで行かれる人生、空中ブランコに綱渡り、きっとサーカスの曲芸のような場面があるでしょう。サーカス婚で少し練習をしてもらいました。どうか二人の新生活、ピエロのように明るく、そして笑ってお暮らしくださいませ」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/03/14 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

なんとまあ!
難度の高いミッションの披露宴でしょう。

要するに「結婚生活」がサーカスの曲芸くらい危険で不思議だって
ことでしょうか?(笑)

13/03/14 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

これからの結婚生活の予行練習も兼ねての結婚式だったのですね。
結婚は人生の墓場ではなく、人生のショータイムだと思えば、楽しく過ごせそうです♪

13/03/18 光石七

この披露宴、意外にいいかもしれませんね(笑)
あの時の苦労を思えば、結婚生活の苦難も大したことは… ない、と言い切れないのが悲しい。
楽しませていただきました。

13/04/02 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

なんという結婚披露宴なのでしょう、奇想天外このうえなしですね。新郎新婦も大変です、半年で曲芸を覚えて披露するんですから。
結婚とは、これほどの気構えを持って、とりかからなくてはいけないものなのでしょう。適当な気持ちで結婚してすぐ別れてしまう人もいますが、この二人は文句なしのご夫婦になられることと思います。

13/11/30 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

その通りです。

毎日が檻の中、あるいはいつ何時ナイフの標的に。
サーカスの曲芸のようのようです。

13/11/30 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

確かにショータイムですね。

ただ、失敗の多い。

13/11/30 鮎風 遊

草藍さん

これらの曲芸を乗り越えた二人、
もう覚悟は決まったはず。

しかし、こんな披露宴を観てみたいものです。

ログイン