1. トップページ
  2. 青いランドセル

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

1

青いランドセル

13/02/24 コンテスト(テーマ):第二回 【 自由投稿スペース 】 コメント:2件 こぐまじゅんこ 閲覧数:1544

この作品を評価する

 これは、私が小学校に入学するときの話だ。
 
 4月になったら、私は小学校1年生になる。3月のはじめ、おじいちゃんとおばあちゃんが、ランドセルを贈ってくれた。
 おかあさんが、小学生の頃は、男の子は、黒で、女の子は赤色と決まっていたらしい。

 私は、青色が好きだ。空を見上げると、いつも心がほっとする。
 夏に、沖縄の海をみてきたんだけど、目の前に広がる透き通るような青色にすいこまれそうになった。青色は身近にあるけど、手の届かないはるかな色なんだ。

 だから、おじいちゃんとおばあちゃんが、青色のランドセルをプレゼントしてくれたことが、とびきりうれしかった。
 箱からとりだして、ランドセルを背負うと、部屋の中をぐるぐるまわった。

 4月の入学式が待ち遠しくて、私はいつもランドセルをながめていた。

 やっと、待ちに待った入学式の日がきた。

 小学校の門をくぐると、桜の花が満開だった。

 はらはらとこぼれおちる花びらはハート型で、私は、うきうきした。
私の青いランドセルに、ハート型の花びらが数枚くっついた。

 若い女の先生が、

「お空に桜が咲いたみたいね。」

と言って、ほほえんだ。

 私は、空を見上げた。
 桜の木の間から、青い空がのぞいていた。

 私は、この光景をずっと忘れない、と思った。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/02/25 泡沫恋歌

こぐまじゅんこ 様。

拝読しました。

最近はランドセルの色もカラフルになってブルーやピンクなども見かける
ようになりましたね。

男女に関係なく青色は爽やかで新入生にはピッタリな色だと思います。

13/02/25 こぐまじゅんこ

泡沫恋歌さま。

コメント、ありがとうございます。
ランドセル、私は、赤色でしたが、青色もいいなぁ・・・と思って書きました。

ログイン