1. トップページ
  2. 妹の郁子

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

5

妹の郁子

13/02/20 コンテスト(テーマ):第二十五回 時空モノガタリ文学賞【 雛祭り 】 コメント:6件 鮎風 遊 閲覧数:3245

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

 洋一は久し振りに実家に帰った。父は八年前、そして母は五年前に他界し、今は誰もいない。家には火の気はなく、春だというのに冷え込む。還暦をとっくに過ぎた洋一、その冷たさが身に沁みる。
「さっ、飾り始めるか」
 洋一は気合いを入れ直した。今からお雛さんを飾ろうというのだ。
 まず納屋から古い木箱を運び込んだ。そしてそろりと蓋を開けてみる。少しかび臭い。覗けば、新聞紙に包まれた大小それぞれの物が丁寧に並べられてある。几帳面だった母がきっとそうしたのだろう。
 洋一はその一つを開いてみる。すると気品ある人形が現れた。
 母は言っていた。このお雛さんたちは生きてらっしゃるのよ、だから一年に一度は箱から出してあげないとね、と。

 洋一は雛壇の組み立てから取り掛かった。そして赤い毛氈を被せ、上段から慎重に、お内裏さまとお雛さまにまず座ってもらう。背後に金屏風、両脇にぼんぼりを置いた。そこから下がり、三人官女に五人囃子、あとは桃の花や白酒など、それは母がしていたように出来るだけ華やかに飾った。
 こうして一段落が付き、遠くから眺めてみると、なかなか立派な雛飾りだ。
 今度は近付き、人形の顔を見てみる。みんな笑っているようだ。今にも笛や太鼓の音に合わせ踊り出しそう。
 次に洋一は袋から摘まみ出した物を雛壇の前に見栄え良く並べた。それらはおはじきにお手玉、あや取りの赤い毛糸もある。
 それらをしばらく見入っていた洋一、その目に涙が……。
 父も母も、そして洋一も、涙は枯れていたはずなのに。ハンカチでぬぐってみても溢れ出る涙、年甲斐もなく号泣した。

 この原因、それは五十年前に遡らなければならない。
 洋一には郁子(いくこ)という妹がいた。母に飾ってもらったお雛さん、郁子はそれが好きで、この雛壇の前で一日中で遊んでいた。
 だが、あのひな祭りの日、遊びに夢中になり過ぎたのか、夕飯になってもそこから離れない。そんな妹を母は叱った。郁子はお雛さんの前でしくしくと泣いていた。洋一はそんな妹が不憫で、あや取りをして遊んでやった。
 しかし、その夜……郁子は忽然と消えた。
 一体どこへ消えてしまったのだろうか? もちろん父は捜索願いを出し、山や川も捜した。しかし見つからなかった。
 近所で噂が流れた。郁子は神隠しに合ったのだと。
 母は郁子を叱ったことを悔い、その辛い思いを抱いたまま逝ってしまった。

 洋一は、あの時遊んでやった郁子の嬉しそうな顔を思い出し、この雅(みやび)な雛壇の前で男泣きをしてしまったのだ。
 こんな胸痛むお雛さん、もう二度と飾らないと決めていた。しかし、母が旅立つ前に残した言葉を思い出した。
「郁子ったら、まだお雛さんと遊んでるんよ。だから洋一、連れ戻してやって」
 母の言いたいことがわからない。「連れ戻すって、どこから?」と洋一が訊くと、母は伝えてきた。
「あの時の、三月三日からよ」と。
 最近になって、その意味が閃いた。
 郁子はお雛さんと遊び、楽しくて、五十年前の三月三日を超えられず、その日に取り残されたままになっているのだと。

 洋一は赤い毛糸を手にし、たかたか指を差し込んで山を作ってみた。
 そう言えば、あの頃、この簡単な山を作って郁子に差し出すと、細い指を絡ませて、器用に取って行った。洋一は不器用で、そこから何の形も取り戻せない。妹は「お兄ちゃん、はよ、取ってよ」と急かし、可愛く笑っていた。
 洋一はあの頃と同じように、両手の中にある山を前へと突き出した。するとどうだろうか、糸に指を絡ませる微かな感触を覚えるのだ。
 洋一は反射的にそれを辿り、きっとそこにあるであろう手首、それを思わずぎゅっと掴んだ。
 細くて柔らかい腕の温もりがある。明らかに郁子だ。
 洋一は思い切って引っ張り上げた。すると驚愕! 郁子の上半身が目の前に現れ出てきたのだ。
 腰から上の姿をいきなり見せた郁子が「一緒に遊ぼうよ」と誘ってくる。だが洋一は、五十年ぶりの対面だというのに、妙なことを考えてしまう。
「このまま郁子をこちらへと引っ張り出せば、五十年前の郁子はいなくなる。ということは、郁子が神隠しに合ったのは……、現在の俺が、ここで郁子を引き抜いてしまうことから起こったのかもな」
 こんな思いに至った洋一はさらに気付く。
「もし今の俺が、郁子をこちらへと引き抜かなければ、五十年前の郁子は消えずに暮らして行けるはず。ということは、家族の過去は変えられるかも」と。
 洋一は覚悟を決めた。現在へと半分姿を現す郁子を、元の五十年前へと押し込めた。そして、ふうと大きく息を吐いた時に、襖が開いた。
「お兄さん、お雛さん、飾ってくれた?」
 これに洋一が振り返ると、そこに立っていたのだ。

 今年還暦を迎えるという……、妹の郁子が。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/02/21 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

これは面白いですね。
お雛様一本に話が絞れていてインパクトがあります。
時空のパラドックスだったんですね。

引っ張り出さなかったので、妹の郁子は現在もここに居るんですね。
不思議な物語でした。

13/02/22 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

過去が変えられてよかったですね。妹さんは戻ってきたということは、お母さまは、悲しい想いをせずに逝かれたのでしょうね、それが、何よりの供養になったのではないかと私は思います。

13/02/24 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

途中、これはミステリーなのか、それとも主人公の錯綜した意識のなかでの出来事なのか、と思いましたが、そういうことだったのですね。
どこかの時空に妹を引き抜いてしまったもうひとりの主人公もいたということなのでしょうか。(それが神隠しの理由?)とても面白い設定だと思いました。娘のお雛様、今年は出してあげなくては、と思います。
たった年一度ですから、ね。

13/02/26 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

面白く読んで頂いて、ありがとうございます。

そうですよ、時は五十年前に戻り、今郁子は健在となりました。

13/02/26 鮎風 遊

草藍さん

母も実は健在でして、洋一と郁子は一人暮らしの母を訪ねて実家に戻って来たようです。

13/02/26 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

鋭い視点ですね。
実はこれは鮎風流に解釈すれば『時の輪』です。

この家族はこの『時の輪』にはまり込んでしまっていて、
前回、洋一は郁子を引き抜いてしまったのです。

しかし今回は郁子を五十年前に押し込めて、
やっとこの『時の輪』から抜け出せることになったのかと思います。

ログイン