1. トップページ
  2. 妻チョコ

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

6

妻チョコ

13/02/04 コンテスト(テーマ):第二十三回 時空モノガタリ文学賞【 バレンタインデー 】 コメント:10件 鮎風 遊 閲覧数:3438

時空モノガタリからの選評

最終選考

この作品を評価する

 高見沢一郎は昼食を終え、デスクで寛(くつろ)いでいる。そんな時に部下の榊原がうつむき加減で通り過ぎようとした。高見沢はとりあえず上司、「おい、どうしたんだよ?」と声を掛けると、榊原は今にも泣きそうな顔をして擦り寄ってきた。
「先輩、聞いてくださいよ。実はもらっちゃったんですよ」
 いつものパッパラパーの榊原とはちと違う。「何をもらったんだよ?」と訊いてやる。
「歳を重ねた先輩には、たわいもないことですが……。バレンタインデーのチョコですよ」
 こんな言い草に、「どっちみち飲み屋のお姉さんからの義理チョコだろ。さっさとお裾分けしたらどうだ」と促した。
 それでも榊原の表情が晴れない。と、なると、イッチョ噛みたくなるのが関西系上司のDNA。
「お前、女性スタッフから、妖しい本名チョコでももらったのか?」
 たとえ部下のスキャンダルであっても、それは興味津津。だが滅私奉公のサラリーマン、オフィス・ラブは御法度だ。この掟を破れば会社追放となる。
 その上にだ、部下が色恋沙汰を起こしたとなれば、これは上司の監督不行届。査定はD評価となり、給料は減額に。ここは看過するわけにはいかない。
「お主、ここのお屋敷の……おなごはんと契ったな。しかと吐露(とろ)せ!」
 高見沢、ここは威厳を持たせ、人形佐七捕物帖風に事情聴取。それにしても榊原、こいつもかなりの調子乗り。
「旦那、それはいわれなき濡れ衣というものでござんす。されどこの期に及んで、本名チョコよりもっと心苦しきチョコを頂き候……ですねん」
 語尾が滑ってるにも関わらず、こんなことを宣(のたま)いやがって。後は「これ、おひとつ」とチョコを差し出してきた。高見沢は一粒口に放り込む。
「なんやねん、これっ!」
 驚きの表現は関西弁がイッチャン。だが、それはそれとして、えづくほど甘いのだ。これに榊原は「実は、うちのカミさんからのチョコなんですよ」と、気持ちが大変重そう。
「そうか、榊原もついに『妻チョコ』をもらってしまったか。それは一大事だ」と、高見沢は同情的リアクションをする。これに「人生長くやってこられた先輩! 『妻チョコ』の扱い方をご教授ください」と榊原が手を合わせてくる。
 ここまで懇願されれば、「じゃ、迷える子羊のために、『妻チョコ』の対処方法を教えてやろう」と高見沢は満更でもない。それからだ、オヤジ臭い訓話が始まったのは。

 バレンタインデー、いやその翌日の半額セールを待って、『妻チョコ』が愛妻から贈られてくる。
 特徴は決して高級なものではなく、味は極度に甘いか苦い。その上に値札は剥がされていないことが多い。
 課題はお返しだ。通常はホワイト・チョコだが、『妻チョコ』の場合、決してそれで済ませてはならない。「長年の私のサポートに感謝はないの。アンタ、一体何考えてんの!」とプッツン。後は、家に入れてもらえないことになる。
 ならば何を返せば、満足して頂けるのか? ここに『妻チョコ』の難しさがある。
 では、これに答えよう。端的に言えば、100倍返し、これが相場だ。
 妻は夫の甲斐性を鑑み、お返し可能範囲のチョコを買い、その値札を残す。まさに妻の情け。よってこれに感謝し、500円チョコなら5万円、1,000円チョコなら10万円相当のお返しで、しっかりと応えなければならない。
 そして最も大事なことは、お返しの費用は決して家計に頼らないこと。男のヘソクリからとすること。
 これこそが長年連れ添ってきた妻への……愛、いや、自分のための介護保険だと思え。

「さすが先輩、だけど、何を返せば良いのですか?」
 こんなくどいオヤジ訓話に一応つきあったが、榊原はまだ結論を得ていない。
「あのなあ、『妻チョコ』には必ずメッセージが添えられてある。それが答えだよ」
「確かにメモ書きがありましたよ、たまにはゆっくりしてください、ってのが」
「お前アホか! そのゆっくりって、お前のことじゃないぞ。奥さんのことだよ」
 これを耳にした榊原、『妻チョコ』ミステリー、その謎が解けた。
「先輩、目から鱗が。お返しは……カミさんを温泉に連れて行きます」

 こんなちとカッコイイ生活指導をやらかしてしまった高見沢、アパートへと帰ってくる。すると小包が届いていて、開けてみると、まさに妻の夏子からの『妻チョコ』。やっぱり値札が付いていた、1,500円の。完全にお返し能力を超えている。
 さらにメッセージがある。「単身赴任、ご苦労様。ワンちゃんでも飼って癒やしてください」と。
「おいおい、だいたいアパートで犬が飼えるわけないだろうが」と思うと同時に、今回の『妻チョコ』のお返しは、血統書付き犬っころ一匹で、しかも15万円相当で……決まりなんて。
 高見沢は「バッキャロー!」と叫ばざるを得なかったのだった。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/02/04 鮎風 遊

読者のみな様へ

すいません。
ちょっと焼酎お湯割り飲んで、クリックしたら、
手元がすべり、表紙なしの物語となりました。

ご容赦ください。

13/02/05 泡沫恋歌

鮎風さん、拝読しました。

これは笑いました! 実は「妻チョコ」渡しましたよ。
値段は1000円ですが、お返しは「かに道楽」でお食事でした。
もちろん旦那の奢りです( 〃´艸`)

確かに「自分のための介護保険」その通りです!<(* ̄^ ̄*)>キッパリ

13/02/05 そらの珊瑚

鮎風さん、拝読しました。

100倍返し、大賛成です!
鮎風さんの描く夫婦は、大体奥様のほうが力が強いですね。それが夫婦円満の極意かと思います。
楽しかったです。

13/02/05 草愛やし美

鮎風遊さん、拝読しました。

妻側も興味津々のお話ですね。これが事実だとすれば、私は今までバレンタインを無駄に過ごしてきたことになります。

妻歴うん十年、早くから、次のように宣言している我が亭主です。
「チョコレートとか甘いものは、オイラは苦手だから、バレンタインには、君の好きなの買って君が食べればいいからね。オイラはいらない」 

これって策略だったのねぇ。新地のおねえちゃんからのチョコは、貰ってくるくせに……、まあそのチョコも全て私にくれるので美味しく食べて単純に喜んでいた私です。返せーーー戻せーーー、今ここで叫んでいます。

13/02/05 鮎風 遊

泡沫恋歌さん

それは良かったですね。
とりあえず回収できて。
いやまだ足らんかな。

妻チョコは100倍の値打ちがありますから。

13/02/05 鮎風 遊

そらの珊瑚さん

えらいことになってきました。

100倍返し、世の妻たちは大賛成で、
夫連中からは総スカンを食らいそうです。

高見沢一郎の妻・夏子はとにかく牛耳ってますわ。

13/02/05 鮎風 遊

草藍さん

それはちょっと残念ですね。
しかし、今年からでも遅くない。

とりあえず500円チョコくらいから始めて、
しかし、しっかりと100倍返し、5万円をゲットしてください。

13/02/05 笹峰霧子

へぇ。妻チョコってそんなに怖いものだったんですか。汗
知りませんでした!

私はそんなこと露知らず、あげてましたけどね。
自分の好きなブランデーチョコ買ってあとはそれ、自分の口に。

13/02/06 鮎風 遊

読者のみな様へ

コメントのトップでお知らせしました表紙の件、
事務局の方へお願いして、付けて頂きました。

感謝申し上げます。

13/02/06 鮎風 遊

笹峰霧子さん

『妻チョコ』は妻にとって怖いものではありませんよ。
恐ろしいのは夫の方です。

100倍返しがね。

ログイン