1. トップページ
  2. 生命保険

やまきさん

山の小説を書いてみたのですが、短編にも手を出してみます。

性別 男性
将来の夢 娘・息子と語らいたい!
座右の銘

投稿済みの作品

3

生命保険

13/02/04 コンテスト(テーマ):第一回 【 自由投稿スペース 】 コメント:3件 やまき 閲覧数:2008

この作品を評価する

生命保険の勧誘

おめでとうございます。
このたびは待望の男の子で、
将来は博士になってノーベル賞でもお取りになるような優秀なお子様に
育てられますでしょう。

もし、万一のことがあったら大変なことですから。
ぜひ、お子様の保険に加入されますことをお勧めいたしますよ。
「お高いのでしょう」
「そうですね!一人で一千万円くらいでしょうか」
「掛け金が、ですか?」
「そうですよ、高いとお思いでしょうが、
万が一優秀なお子様が、大学までいってから
途中でお亡くなりになったら大変ですから。
途中でお造りすることはできませんからね
就職いたしましたら、満期と云うことになります」
「満期ともうしますと?」
「同じお子様をもう一人クローンでお造りして同じに育てて
就職までいたしまてもう必要ないとなりましたら、
抹消されます」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

13/02/05 クナリ

ショート・ショートの魅力あふれる、素晴らしい作品だと思います。
ブラックな内容ですが、「保険をかける」ということの意義から考えると、保険金が支払われるよりはこの形の方が本義に沿っているのでは…などと、つい考えてしまいます…。

13/02/05 yoshiki

とても面白い、優れた作品だと思います。短いけれど核心をついている。

13/02/06 草愛やし美

やまきさん、拝読しました。

スパイスがピリッと効きましたね、面白いです。

保険のイメージからは、この結末は思いつかなかったです。人間のエゴのようなものを感じ、ある意味、社会風刺の作品だと思います。

ログイン

ピックアップ作品