1. トップページ
  2. 考える山猫

中村瑞帆さん

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

考える山猫

19/04/22 コンテスト(テーマ):第168回 時空モノガタリ文学賞 【 レシピ 】 コメント:0件 中村瑞帆 閲覧数:63

この作品を評価する

むかしむかし、あるところに猟銃を持った若い紳士二人に生クリームとお酢をかけた絶品レシピを考えた山猫がいるのではないかと考えた顔がくちゃくちゃの紳士がいるのではないかと舌なめずりをしている山猫が注文の多い料理店でどんぐりの裁判を抱えて悩んでいたところ、どっどど、どどうど、どどうど、と風が吹いたので、アメニモマケズ、カゼニモマケズとつぶやきました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン