1. トップページ
  2. 太陽から

嶺 ナポレタンさん

性別 男性
将来の夢 フリーランス
座右の銘 迷ったら積極的な方 やらない後悔よりやる後悔

投稿済みの作品

1

太陽から

19/03/09 コンテスト(テーマ):第166回 時空モノガタリ文学賞 【 おくりもの 】 ※時空作者による選考回 コメント:2件 嶺 ナポレタン 閲覧数:215

この作品を評価する

太陽は、お届け先もお届け日もお届け時間帯も指定せず、幸せな気分になる光を与えてくれる。受け取り手が幸せを感じた瞬間にお届け完了というシステムだ。

私たちは太陽の会員なので、どれだけ受け取っても送料は必要ない。だから、何度でも幸せな気分になる光を受け取ることができる。

しかし、同じ会員であるのに、何度も幸せを感じる人もいれば、ほとんど感じない人もいる。

そこ違いは心のゆとり。
心にゆとりのない人にとっては、ただの眩しい光でしかない。

この社会において、心にゆとりがないほどに働くことが素晴らしい、という風潮がまだまだ感じられる。偉大な太陽の光から幸せを感じられらないほどに働くことが、それほどに偉大なのか。

そして、楽しく生きていくことがなんとなく悪のような気がする。

そんなことはないと、楽しく生きていくことは間違ってないと、私は証明したい。そして日々、太陽の光を浴び、幸せを感じられる生活を送っていきたい。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

19/04/09 滝沢朱音

「太陽の会員」という概念、とても新鮮ですね。ハッとさせられました。
つい当たり前にあるものだと思いがちですが、私たちは陽の光にはどれだけの恩恵を受けていることか…。
天からの贈り物に感謝しながら、私も楽しく生きられたらいいなと思いました。

19/04/28 嶺 ナポレタン

滝沢さん、遅くなり申し訳ございませんが、コメントありがとうございました!とても嬉しいです。
本当に晴れの日は気分が上がりますし、太陽がいないと気分が下がります。。

ログイン