1. トップページ
  2. 隣人よ、電波を飛ばせ

三明治さん

性別 男性
将来の夢 もう将来はありません。
座右の銘 情けは人の為ならず。

投稿済みの作品

0

隣人よ、電波を飛ばせ

18/12/22 コンテスト(テーマ):第163回 時空モノガタリ文学賞 【 504号室 】 コメント:2件 三明治 閲覧数:106

この作品を評価する

(ぼちぼちはじめよう)
(そう、はじめないと)
(部屋の明かりを消すよ)
(そうしましょう)

 (……どうやら深夜一時を回ったようだね。僕の声は君たちに届いているかい?この極東の片隅の505号室から世界に向けて放射される、真夜中の怪電波。富山のミサちゃん、那覇のケンジくん、フランスのバルネ、コロンビアのカルロス爺さん、ネバダのウェンディ、そして、妄想電波の蜘蛛の巣にかかった、まるで青い蝶のように美しい君。そう、君だよ。どうか驚かないで。チューニングさえ合えば僕らは、こんなにも簡単につながれる。だから、怯えなくてもいいよ。みんな初めての時は、そんなもの。頭の中に鳴り響く声を誰かに伝えたい、そんな想いで僕は電波を飛ばしているのさ。君にもどうか楽しんでもらいたいな。ほら、この瞬間にも続々と世界中からこの部屋に電波は届いているよ。耳をすまして、さあ、今夜もはじめようかRADIO505)
 (さて、キャラメル・ママからのお便り。妹が(血は繋がってないけど)推薦入試で医学部に現役合格が決まったそうなんだ、うれしいね、ぎゅっと抱きしめてあげたいよ。きっと嫌な顔をされるだろうけど。いつだって、妹はそんな態度をとる、いや、とりたがるものさ、そして世界中の兄貴たちは、そんな妹の照れ隠しの振る舞いを可愛く思うものだろう、ちがうかい? ははっ、電波が著しく飛び交ってるね、兄VS妹の近親憎悪については、いつかみんなと語り合いたいテーマだな……それはそうと、えっと、つまり、ママはこう言いたいのさ、医学部を目指して二浪中の息子(血は繋がっていないけれど)が、正月に実家に帰って来ても居場所は無いのよ、ってさ。もっとも、僕だって馬鹿じゃない。なんといっても医学部を目指しているんだから、いや、だから、ちょっと射程が長いだけだよバルネ(笑)。ともかく、あの人たちの幸せな気分をぶち壊しにしたいわけがないだろ。でも、僕のそんな気持ちには家中の誰も気づいてくれないんだ。そうさカルロス爺さん、世の中<やさしい人>はどんどん減っているよ。そのかわり<甘い人間>が増えていると思うんだ。自分に甘い人間が溢れかえった世界だよ。それは、ささいなことで他人を攻撃してしまう弱い人間の集合体さ。願わくば、僕たちの電波の世界がそうならないように祈るよ。青い蝶ののように美しい君、君はどう思うかな?)
 (今日は昼間にコンビニエンスストアに買い物に行ったよ、風をひかないように黒いマスクをしてね。その道すがら、杖をついたお婆さんと会ったんだ。二階に住んでる人。独居老人。白髪をきちんと束ねた細身の独居老人さ。その、独居老人と独居浪人が北風の吹く冷たいアスファルト上ですれちがったのさ。すれ違いざまに独居老人が独居浪人に向かって「お寒くなりましたね」と声を掛けてくれたんだ。正直、うれしかったよ。でも、僕はうまく返事をすることができなかったんだ。みんな、そんなことってない? ミサちゃん、なぐさめの電波を送ってくれてありがとう。電波のなかの僕は饒舌なのにね。じっさい、本当に口を開くときは舌がもつれてしまうんだ。子供の時から、そのことでひどく馬鹿にされてね。今度、独居老人にあったら「あ、あ、あ、あの、ときは、あ、あ、あ、あ、りがと、う」って言おうと思うよ。そういう行動がとれれば、コンビニエンスストアで店員に、おでん種を書いたメモを突き出して、じっと立ちつくさなくても良くなると思うんだ。ははっ、バルネ、そんなこと言って応援してくれても、君の国のコンビニエンスストアには、おでんはおいてないだろう(笑))
 (エレベータ脇の掲示板に<中国人はゴミ出しのルールを守れ!>って張り紙がしてあった。しかも管理組合の承認印が押してあったんだぜ。嫌な気分というか、持ってたおでんも少し冷めたといえば、その時の気持ちが、より伝わるかもしれないな)
 (隣の部屋に住む家族の話を少しするよ。パパとママ、そして小さな女の子が一人。いや、姿は見たことがないんだ。中国人ではないよケンジくん、壁越しの声だけさ。みんなの電波を受け取る能力はあるけど、透視力は僕にはない(笑)パパとママは、そうだな<甘い人間>だね。互いをののしり合う声のあと、きまって女の子を怒鳴る声がきこえるよ。夏ごろから特にひどいね、耳を塞ぎたくなる。三日前の夜、「パパごめんなさい、ママごめんなさい」って泣きながらあやまる声がきこえてね……不意に<どすん>と音がして……。あの日から僕はその子の電波を受け取れなくなっているのさ……)
 (青い蝶のように美しい君、最後に一曲、電波を贈るよ。B. B.キングで「Why I Sing the Blues」を。それではみんな、今夜もお付き合いありがとう、505号室から世界に向けて放射される、RADIO505 DJは私、三明治でした)


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

19/01/02 イト=サム・キニー

拝読しました。
まさに『電波』を感じさせる作品でした。
読ませていただいてありがとうございました。

19/01/02 三明治

すみもてわたる様
コメントありがとうございました。
読まれた方からフィードバックを頂けると、書いてる側も励みになります。
新年早々、よいお年玉をもらった気分です。

ログイン

ピックアップ作品