1. トップページ
  2. え?・・・マジか

風宮 雅俊さん

テーマに沿った物語を、どのくらいのレベルで書けるかな? と言う事で登録してみました。 アマゾンの電子書籍キンドルで作品出してます。こちらも宜しくお願いします。 ツイッター: @tw_kazamiya

性別 男性
将来の夢 世界一周の船旅で、船室に籠って小説を書く事
座右の銘

投稿済みの作品

0

え?・・・マジか

18/11/22 コンテスト(テーマ):第163回 時空モノガタリ文学賞 【 504号室 】 コメント:1件 風宮 雅俊 閲覧数:193

この作品を評価する

「え?・・・マジか」
 周りの視線が集まる。
「何でもないです。クレームのメールじゃないです」
 事務所に広がった緊張が安堵に変わると、それぞれの仕事に戻っていった。

 今は、仕事中だ。人目を引くような事は慎まないといけない。あくまでも仕事中だ。仕事中は仕事をしなくてはいけない。がしかし、頭の中は推敲をしていてもばれない・・・。そもそも、隣では書類を作成する振りをして同じ部署の子をチャットで口説いているのに比べれば。ま、この辺は暗黙の了解と言うか大人の対応と言うか。

 それより、今回のテーマの504号室と言う事は我が家だよ。前回は304号室だから順当に行けば404号室だし、高層階に行くのなら5階なんて中途半端な所でなく1103号室とかテーマの決め方は幾らでもあるのに、なんで504号室を選んだのか?
 そうか! 内偵をしているのか。でも、何の事件の内偵をしているんだ? 生前46キログラムの血抜きをした後で使いやすいサイズに小分けにして冷凍庫に保存とかはしていないし。それとも、等身大のお目めぱっちりのお人形を押し入れの中に作り込んだベッドに寝かしていたりはしていないし。スーパーの袋に収まる生前2800グラムを天袋に隠し入れたりはしていないし。って言うか、推理小説のネタであって内偵を受けるような事件は起していないし。他に考えられるのは、素直に自宅紹介か? まぁ自己紹介より面白そうだけど、集合住宅で他の人が興味を持つようなネタは家にはない・・・。
 うん? あったあった。興味は兎も角として受け狙いのネタはあった。504号室の我が家は、夏場は死にそうに暑い。最上階だから屋根に降り注ぐ太陽の熱はそのまま天井に熱を伝えるんだな。特に今年の酷暑なんて夜でも室温は体温並みだから・・・、ちょっと待てこう言う風に書いても誰にも伝わらんな。きっとエアコンがあるだろと突っ込みを入れて来る奴がいるはずだ。だから、ここはちゃんとに『我が家にはエアコンはない』と先に宣言しておかないと話が噛み合わん事になる。そもそも風通しの良い最上階でエアコンは必要としない。昼間は会社。帰宅する頃には暑さも和らぎ窓を全開にすれば心地よい風が吹き抜ける。それでも熱く感じるのは一週間ぐらいの間。年に一週間の為にエアコンを買おうと言う発想にならないし、仮にエアコンを設置するなら何部屋か同時に設置しなければ意味がない。つまりエアコンの為に一月分以上の給料を注込む余裕があるなら、他に買いたいものがあるんだな。
 と言ったもののエアコンを買う事を真剣に考えないといけないとも思っているんだな。ニュースで熱中症対策にエアコンを使いましょうと、公共放送のくせに家電メーカーから金を貰っているとしか思えないニュースの所為で、今までエアコンを使っていなかった近所がガンガン使い始めたんだよ。その所為もあって暑くなっている気もする。みんながエアコンを使わなければそれなりに快適な夏の夜になると思うが、我が家は熱のゴミ捨て場になっている様に感じるんだよな。特に最近は。
 おっといけない。夏の話だけではだめだ。自虐だけではあれだから、自慢できるネタも混ぜておかないと・・・、と言っても交差点の近くだから緊急車両のサイレンでテレビの音が聞こえなくなるのは、自虐か。
お! そう言えば、富士山が見えるのはポイントが高いんじゃないか。うちの辺りだとそれなりに条件が揃わないと富士山が見えないしな。と言っても半分はビルやら樹の所為で隠れているが。もう一つ、高い物系だとスカイツリーが見えるのもポイント高そうだな。これもうちの辺りだとそれなりに条件が揃わないと見えないからな。
 あと、504号室ならではのネタは・・・・、大事なものがあるな。遠くまで見通せると思考も大局的になるな。因果関係もより遠くの未来に及ぼす事を考える様になるし、人間関係も広く考える様になるし、経営的視線を養えるって事か。すごいメリットだな。そうだよな、仕事中にチャットで口説いている様な会社は長続きしないだろうし。

 よし! 推敲はだいたいこんなところ、あとはファミレス行って書き出せば出来上がりだ。
「外回りに行ってきます」
 ノートパソコンの入ったカバンを掴むと、会社を飛び出した。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

18/12/01 雪野 降太

拝読しました。
エッセイとも日記とも思える文章から、作者様の思考の過程が伝わってきました。
『推敲はだいたいこんなところ、あとはファミレス行って書き出せば出来上がりだ』とありますとおり、書き出された文章こそ拝読してみたいと感じました。
読ませていただいてありがとうございました。

ログイン