1. トップページ
  2. 注文が多い料理店

紅茶愛好家さん

他所でも別名義にて活動中です。 作品書いては毎度家族に読んでもらってます。面白い作品が書きたいなあと試行錯誤中。作風は真面目なのからふざけたのまで色々書こうと思っています。

性別 女性
将来の夢 長生き。これ大事。
座右の銘 温故知新

投稿済みの作品

1

注文が多い料理店

18/10/22 コンテスト(テーマ):第161回 時空モノガタリ文学賞 【 伝言 】 コメント:0件 紅茶愛好家 閲覧数:101

この作品を評価する

「オーダー、地中海の風コース。前菜のマグロとアボカドのマリネはアボカドを抜いてマヨネーズソースをかけてください。サラダにはクルトンの代わりにアーモンドを。パンはバターではなくオリーブオイルと塩で。スープはぬるめの30度くらいでパセリの代わりにイタリアンパセリを浮かべて欲しいとのことです。メインは肉ではなく白身魚をご希望です。あればスズキを。デザートはバニラアイスではなくゆずシャーベット、食後のコーヒーはモカとのことです」

聞いた店主の山城は顔をしかめる。マヨネーズソースなんて作ってないし、スープは温かいしイタリアンパセリは買ってこなければならない。冷蔵庫にある白身魚はタイとアユとイサキだけでデザートはバニラアイスのみ。おまけに食後のコーヒーはジャワを淹れるつもりだった。
「マヨネーズソースは作るとしよう。アーモンドも了解だ。スープは氷で冷やす。パセリとアイスだけは堪えてくれるよう頼んでくれ。スズキはないのでアユにすることも。コーヒーはモカだと言って誤魔化せ」
ボーイはすべてメモに取ると慌てて客の所へ向かった。それを見届けると山城はふうっと息を吐く。
「変わった客がいるもんだ。あんなに長いオーダーは初めてだよ」
笑うと雇われコックの笹部もハハハッと笑った。
「アーモンド、ローストしますね。スープも冷やします」
「ならオレは今からアユのコンフィを作る。せっかくいい肉が手に入ったのにな。残念なお客さんだよ」
そう言って山城は冷蔵庫を漁った。やや小さめのアユを掴むと、「出番だぞ」と呟いて調理台へと向かった。


アユをさばこうと構えたらボーイが顔面蒼白で駆けこんできた。
「すみませんオーダー変更です! 魚は白身じゃなくて赤身がいいそうです。あとバニラアイスは嫌いだから、それならビワのソースをかけたババロアを作って欲しいとのことです」
「赤身魚だと前菜のマグロと被る。出せるのはアジかサンマかカツオだ。ビワなんてないぞ。ババロアか、めんどくさいことを言う客だ。マンゴーのソースでいいか聞いて来てくれ」
再びボーイが駆けていく。が、すぐに帰ってくる。
「それならメインはカニでいいそうです。マンゴーはアレルギーがあるからイチゴのソースにしてくれとのことです」
「カニだと? 原価割れする。料金が上がっていいのならそれでやる。聞いて来てくれ。ソースはイチゴでOKだ」
ボーイは再び走りすぐに戻ってくる。
「カニは上海ガニがいいそうです」
「中華料理店じゃないんだ! 上海ガニなんて置いてない!」
憤りを隠せない山城。その横で笹部がポンと手を叩く。
「タラバならありましたよね? それでいいんじゃないです?」
「見た目も味も大分違うぞ?」
「身をほぐしてコロッケにしましょう。そうすれば分かりません」
山城は納得したように頷く。
「よし、カニクリームコロッケを出す。これで納得させてきてくれ」
ボーイは走っていった。がやはり帰ってくる。
「コロッケはお嫌いだそうです。あと上海ガニでコロッケをやるのかと不振がっておいででした」
どうやらボーイは説得できなかったらしい。山城がうーんと言って黙り込む。それを見たボーイが不安げに「どうしましょう?」と呟く。
「ったく、面倒な客だ。よし、ならカニクリームパスタでどうだ? これ以上はこっちも譲れん」


「メインにパスタを出すのか! と……お怒りです」
伝えるボーイの声が尻すぼみに小さくなる。
「あー、もううるさい客だ! オレが直接話してくる!」
山城は怒りのまま店内を進んだ。あとからボーイが付いてくる。
「どの客だ!」
「あちらのお客様です」
ボーイが示したのは中央の二人掛け席に一人で座る老人の客だった。見るからに金持ちという風貌だった。
「お客様、本日はご来店いただきまして誠にありがとうございます。私は調理を担当しております店主の山城と申します」
「うむ」
「当店では決められたコース料理をメインにその時々で最高の食材を提供しております」
「それで?」
「お客様のご要望にはお答えしかねます。コース内容はどうか信頼して私に任せて下さいませんか?」
老人はすぐに顔をしかめた。
「食べたいものを食べたいと言って何が悪い!」
「用意したコース以上の物はお出しできません」
「客の要望に応えるのが商売じゃないのか!」
「お客様をご満足させるのが私共の役目だと思っております」
「そこまで言うのならいいだろう! 自慢のコースを持ってこい!」
「かしこまりました」
山城は厨房へ戻ると通常のコースの準備を始めた。


――閉店後
「怒ってお帰りでした」
皿を下げてきたボーイが話す。
「そうか」
山城は肩を落とす。今日は何だか疲れた。
「あ、でも……」
「?」

「また来るそうです」
「…………」

それが老人の残した伝言だった。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン