1. トップページ
  2. 18.44メートルの距離

野々小花さん

野々小花(ののしょうか)です。文化教室に通って、書く勉強をしています。

性別 女性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

2

18.44メートルの距離

18/10/22 コンテスト(テーマ):第161回 時空モノガタリ文学賞 【 伝言 】 コメント:0件 野々小花 閲覧数:187

この作品を評価する

 長年、日本の野球界を牽引してきた投手、縞津和明が引退を表明した。
 私は彼のことを、新聞社のスポーツ部の記者という立場でずっと追い続けてきた。
 引退会見を終えたばかりの縞津を、私はこの部屋で待っている。インタビューをするためだ。部屋には私と、カメラマンと、後輩の記者が一人。縞津は、約束通りの時間に現れた。
「よろしくお願いします」
 野球人生を全うした男は、とても穏やかな顔をしている。こちらが準備してきた問いかけに、縞津はひとつずつ答えていく。
「杉野さん。ボール、貰ってくれませんか」
 ふいに、縞津がそう言ってひとつの硬式球を取り出した。高卒でプロ入りした縞津が、初めてリーグ優勝をして、胴上げ投手になったときのボールだという。
「自分で持ってるより、応援してくれたひとや、お世話になった方に贈ったほうが良いと思って」
 プロ初勝利のボールも、100勝をしたときのボールも、もう手元には無いらしい。
「全部、あげてしまわれたんですか」
 なんだか、それはそれで寂しい気がする。
「ひとつだけ、残しておくつもりです」
「世界一になったときのものですか? それとも、通算200勝のボール?」
 縞津はゆっくりと首を振る。
「二十一年前、周防と対戦したときのボールです」
 とても、懐かしい名前だった。
 彼のことも、私は何度か取材したことがある。とても体の大きな少年だった。
 その名前を聞いたとき、私は自分が強い力で二十一年前の、あの夏の甲子園に引き戻されていくのを感じた。
 周防雄大は、超高校級と評されるスラッガーだった。互いが対戦を熱望していた、縞津と周防の対決は、甲子園の決勝という舞台で実現した。甲子園球場のスタンドは、超満員の観客で埋め尽くされていた。
 八回までに、周防に三本のヒット打たれていた縞津は、最終回、自らの四球と悪送球でピンチを招くことになる。スコアは1-0、ツーアウト二三塁。一打逆転の場面で打席に立ったのは、周防だった。
 一球目はストレートが高めに浮いた。二球目は、ど真ん中のストレート。三球目も、四球目も、縞津はストレートを投げ続けた。周防は、フルスイングでそれに応える。鋭い金属音と共に、ファールボールがスタンドへ吸い込まれていく度、球場全体が悲鳴と歓声で揺れた。縞津の球速は、どんどん上がっていった。
 マウンド上の縞津が、指先でロージンを弄んでいる。周防は一度打席を外し、ヘルメットを被り直す。帽子を取って縞津が額の汗を拭う。周防はバッターボックスに入り、構えてマウンド上の縞津を見据える。縞津はつま先でプレートの砂を払う。そして、振りかぶった。
 周防のバットが、縞津の投げたボールを捉えた。ボールは高く舞い上がる。記者席で見ていた私は、一瞬、本当に時間が止まったような気がした。バックスクリーンに入るかと思われた周防の打球が、センターのファインプレーによって阻まれた瞬間、あの夏の王者は決まった。
「もう一度、あいつと野球がやりたいんです」
 縞津の声で、私は過去から現在に引き戻される。
「軽く振るだけでいい。振ることもできないなら、キャッチボールでもいい」
 トレードマークだった周防のフルスイングは、あの夏の決勝が最後だった。周防は学校からの帰り道、わき見運転の車に撥ねられて、選手生命を絶たれてしまったのだ。周防が今どこで何をしているのか、野球関係者で彼の行方を知る者はひとりもいない。
 
 しばらくして、縞津のインタビューを一冊の本にまとめることが出来た。タイトルは「18.44メートルの距離」。マウンドからホームベースまでの距離を、そのままタイトルにした。18.44メートルの距離の中に、幾多の駆け引きがあった。ドラマがあった。
 反響は、こちらが想像していた以上のものだった。本の発売から三ヶ月が経った頃、ひとりの男が、編集部にいる私を尋ねてきた。男は背中を丸めて、うつむき加減で、ゆっくりとこちらに歩いてくる。「18.44メートルの距離」を、大事そうに胸に抱えている。
「あの、杉野さんですか。お久しぶりです。自分は、その……」
 男は、わずかに左足を引きずっていた。とても、体の大きな男だった。
 私は、この男を知っている。彼の名前を知っている。
「周防くん」
 弾かれたように、男は顔を上げた。
「周防、雄大くん」
 私が名前を呼ぶと、男は、泣き出しそうに顔を歪めた。そして、大きく頷いた。 

『あの夏、最後に僕と18.44メートルの距離にいてくれた君と、僕はもう一度野球がしたい』
 縞津のこの言葉で、本は締め括られている。「18.44メートルの距離」は、彼の、自らの野球人生を振り返るものだった。そして同時に、縞津和明が私に託した、周防雄大への伝言でもあったのだ。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン