1. トップページ
  2. 祝福された遺伝子

本宮晃樹さん

ふつうにサラリーマンをしております。 春夏秋冬、いつでも登山のナイスガイ。 よろしくお願いします。

性別 男性
将来の夢 魁! 不労所得!
座右の銘 定時帰社特攻隊長

投稿済みの作品

0

祝福された遺伝子

18/10/07 コンテスト(テーマ):第161回 時空モノガタリ文学賞 【 伝言 】 コメント:0件 本宮晃樹 閲覧数:144

この作品を評価する

 自然科学の道を志したからといって、敬虔な信仰心を捨てなければならない道理はない。なかには器用にそれらを両立するたぐいまれなバランス感覚を持つ人間も少数ながら、存在する。
 パーシヴァル・ライアン研究医もそんなバランス感覚の持ち主であった。彼は傑出した遺伝病研究者であり、敬虔なキリスト教原理主義者であり――預言者であった。

     *     *     *

 ライアン研究医はうららかな春の日、待ちに待った天からの啓示を得た。
 彼は大学院卒業から十年以上もとある遺伝病の原因遺伝子を特定するべく、日々電子顕微鏡をのぞき、遠心分離機をぶん回し、プレパラートに試料を貼りつけ、献体から抽出した患部を培養液漬けにする毎日であった。
 その労苦がついに報われるときがきたのである。
「こ、これは……」ライアン研究医はパソコンのモニタを見つめながら息を呑んだ。「なんてことだ。主の御言葉としか思えん」
 画面には遺伝病の原因遺伝子と思われるエリアの塩基配列がえんえんと続いている。そのなかのある部分が彼の目に飛び込んできた。
 TACTCCTATAT
 尋常な精神の持ち主であれば、なんの変哲もない配列として一顧だにしなかったであろう。ところが彼は宗教的狂気に冒されて久しいご仁なのである。
 TACTC CTATAT
 啓示にしたがい、シトシンが連続するところにくさびを打ち込んだ。まだなんらかの意味は見いだせない。
 遺伝子の基礎となる塩基は四つ存在し、それらはA(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)、G(グアニン)と略される。AはTと、CはGとペアを組み、相補性を確保して複製エラーを限りなくゼロにしている。DNAがmRNAに転写される際、TはU(ウラシル)に変化する。したがって
 TACUC CTATAT
 としたところで不正はない。数式を見やすくするために、両辺に3を掛けたり4で割ったりするのと同じだ。さらに通例塩基は大文字表記にするのだが、これらを選択的に小文字にしたところで誰も文句はあるまい。つまり
 Tacuc Ctatat
 この時点でライアン研究医の背筋に電撃が走った。なにかが見える気がする。聖なるなにかが。主のご意志にしたがい巧妙にアルファベットを崩していくと、ある文字が聖痕のように浮かび上がってきた。
 Jesus Christ
 イエス・キリスト? そう、イエス・キリストだ!
「アーメン!」彼は絶叫し、何度も十字を切った。「Oh my god!」
 興奮のあまり涜神の言葉を吐いてしまったことを主に詫び、ライアン研究医は注意深く天からの伝言を探した。その結果、アヴェ・マリア(ATC TACTA→Auc Tacta→Ave Maria)を筆頭に、キリスト十二使徒まで勢揃いする仕儀と相成った(もちろんユダだけはいなかった)。
 遺伝病の原因遺伝子に潜む神の御言葉――みだりに主のお名前を使ってしまった、アーメン――はなにを意味するのか?
「答えはひとつだ」研究医はこのとき、かろうじて保っていた精神のバランスを完全に崩した。閾値を大幅に超え、狂気のほうへ振り切った。「この遺伝病は主に祝福されている。原罪を背負った哀れな人類はこの病気になって初めて、罪を贖うことができるのだ」

 不眠不休の勤務体制が功を奏し、遺伝病の原因は突き止められた。第七常染色体の左腕に存在する例の遺伝子の一部が点突然変異しているために、しかるべきかたちに折りたたまれなくてはならないアミノ酸がメタメタにからまってしまい、結果的に代謝異常が起きるのである。
 換言すれば、点突然変異を意図的に起こせば祝福された子どもが生まれてくるわけだ。すでに生を享けた人間はもう手遅れだが、まだ見ぬ子どもたちはそうではない。彼らは祝福されなければならない。
 塩基のすげ替えを受精卵の時点で行う。困難だが不可能ではない。人工授精クリニックを開業し、ある処置をすると子どもの頭がよくなるとか足が速くなるとか嘘八百を並び立てて宣伝する。集まった受精卵の塩基をいじって突然変異を起こし、母親の子宮へ戻す。商売が軌道に乗ってきたら支部を増やし、グローバル展開する。
 彼は生涯を費やす決心をした。

     *     *     *

パーシヴァル・ライアンクリニック、合衆国でいちばん人気!
 知能増進、身体能力強化、あげくに運のよさまでコントロールできるとうたう同クリニックに処置の依頼が殺到している。ライアン氏はPHSで十年以上も研究に従事したという確かな経歴を持つ人物だが、同クリニックのうたい文句に根拠がないとする識者からの意見もある。
 とはいえライアン・フィーバーの波は衰えを見せそうにもなく、同氏は全世界的な事業拡張も視野に入れていると豪語しているほどだ。→詳しくは12面


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン