1. トップページ
  2. あて字クイズ

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

1

あて字クイズ

18/08/24 コンテスト(テーマ):第160回 時空モノガタリ文学賞 【 伏字 】 コメント:0件 こぐまじゅんこ 閲覧数:290

この作品を評価する

 はるくんは、四歳。
 今日は、ばあちゃんとおるすばんです。
 ばあちゃんが、
「はるくん、あて字クイズしようか。」
と言いました。
「あて字クイズってなに?」
 はるくんが、きょとんとしていると、ばあちゃんは、紙とマジックをもってきました。
 紙を四角く切ると、

 り○ご

とマジックで書きました。
「この○にはいる字をあててみて。」
 ばあちゃんがニコニコしながら言います。
 はるくんは、かんがえています。
「あかいろのものだよ。」
 ばあちゃんがヒントをくれました。
「り?」
「くだものだよ。」
 ばあちゃんが、もうひとつヒントをくれます。
「あっ、りんご!」
 はるくんは大きな声で言いました。
「せいかい!」
 ばあちゃんは頭をなでてくれました。

「じゃあ、これからもんだいを4つだすよ。」
 ばあちゃんは、カードに書きます。

 ○みがき

「うーん。」
「ヒント。寝る前にすることだよ。」
 ちょっとかんがえていたはるくんは、はっと顔をあげて言いました。
「はみがき」
「せいかい!」

 ばあちゃんは、つぎのカードに書きます。

 く○み

「なに?」
「ヒント。りすさんがすきなもの。」
「くり?」
「ちがうよ。よくかんがえて。」
「あっ、わかった。くるみ」
「せいかい!」

 ばあちゃんは、こんどは、
 
 た○あん

と書きました。
はるくんが、
「ヒントおしえて。」
と言います。
「きいろいもので、かむとパリポリいうよ。」
「なにかなぁ。」
「ごはんといっしょにたべるとおいしいよ。」
「わかった! たくあん」
「せいかい!」

 ばあちゃんは、カードにまた字を書いていきます。
「これでさいごだよ。」
というと、みせてくれました。

 くいし○ぼう

 はるくんは、すぐに
「くいしんぼう!」
とこたえました。
「すごい、すごい。よくわかったね。」
 ばあちゃんがほめてくれました。

「じゃあ、4つのもじをつづけて読んでごらん。」
 ばあちゃんに言われ、はるくんはカードをみました。

「は・る・く・ん……、ぼくの名前だ!」
 はるくんは、ニコニコ笑顔になりました。
「あて字クイズ、おもしろかった?」
 ばあちゃんにきかれ、はるくんは、
「うん!」
と元気にこたえました。



コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン