1. トップページ
  2. 言論の自由を絆す会

荒井文法さん

ツイッターやってます→https://twitter.com/potchpotchbump

性別
将来の夢
座右の銘 ヒッグス粒子ダイエット

投稿済みの作品

0

言論の自由を絆す会

18/08/21 コンテスト(テーマ):第160回 時空モノガタリ文学賞 【 伏字 】 コメント:0件 荒井文法 閲覧数:225

この作品を評価する

 「もうほんと、チ●ポ法、まじ勘弁っす。意味分からないっすよね」

 二人の男が食事している狭い部屋、否、本来は広い部屋なのだが、膨大な書類が床に雑然と積まれているため、床面積の二十五パーセントしか空いていない部屋で、眼鏡をかけている男が、唇をミミズのように踊らせながら言った。男の口の中では、コンビニ弁当から移された様々な食べ物が渾然一体であるが、その様子を説明しようとすれば、都の迷惑防止条例に違反する可能性がなきにしもあらずである。

 「ほんとになあ、また意味の分かんねーことに税金使いやがってよ、まずてめーらの給料下げろってんだよ、クソ公務員」

 眼鏡の男と話している男もまた眼鏡をかけているが、後者の男は、無精髭と薄い頭頂部を携えているため、二人の外観は著しく異なる。何よりも、前者の男は金髪である。
 薄い頭頂部即ちハゲの男は
 『金髪にしてられるのも今のうちだけだ。いつか、頭皮を痛め付けた自分に後悔する日がやってくるんだゾ』
 と、金髪の男を諭してやりたかったが、妬んでいると思われるのが癪であるため、金髪に言及したことはない。ハゲは実際妬んでいるが、その妬みに気付くのは墓に入ったあとである。つまり、ハゲが自分の妬みに気付くことはないのだが、そのあたりの機微については行間に託すことにして、話を進めよう。

 「ですよねー」

 金髪の男は
 『なんで税金の話が出てきたか意味分かんねー。チ●ポ法より意味分かんねー。てかウゼー』
 と思ったが、もちろん口には出さずに、四文字で返事した。限りなく透明に近いスルーである。金髪は、早く食事を終わらせてハゲから離れたいと思っているが、金髪の限りなく透明に近いスルーに気付いていないハゲは、寧ろその透明に近いスルーで自己肯定感を補充してしまい、チ●ポ法に関するあれこれを金髪に話し始めた。金髪は自身の悪手を反省し、今度はしっかりとスルーしたが、熱の籠ったハゲの話が止まることはなかった。薄い頭頂部がラジエーターとして機能することはないようである。

 「百歩譲って、ネットに蔓延るフェイクニュースへの対応が必要だとしてもだ、なぜ法人にまでその範囲を広げるのか。無能な奴らのやることは本当に意味分からん。税金の無駄! 我々の作る情報に優劣を付けること自体がもう既に言論の自由を弾圧していることに気付かんのか! 無能! 真に無能!」

 ハゲが何故ここまでヒートアップしているのか、金髪はなんとなく分かっていた。ハゲの生業である週刊誌記事の作成は、曖昧な情報、匿名の情報、伏字の情報が満載である。ハゲの理念である「火のない所に煙は立たない」に基づいて記事を作成しているようだが、同職種の金髪から見ても、煙を立てているのはハゲである。否、煙ですらない。ドライアイスにお湯をかけた時に出てくるモノのように、あまりに人工的で、たちまち消えてしまう。消えるからこそ、お咎めが無い。

 その状況がチ●ポ法で変わろうとしている。

 チ●ポ法を利用することで、匿名の情報、伏字の情報に『箔』が付けられる。箔は即ち真実性であり、その真実性は、個人の責任において担保される。つまり、ある情報に誤りがあった場合、その情報を発信した個人は、代償として信用を失うことになる。個人、法人問わずチ●ポ法を利用できるため、週刊誌のような曖昧な情報を発信している企業にとっては、今後の存続に関わる問題になる。そのような企業は真っ先にハゲのようなライターを見限るだろう。髪だけでなく、収入まで無くしてしまったハゲに残る希望が見当たらない。金髪は、ハゲの行く末を少しだけ哀れむことにした。

 「先輩、逆に、チ●ポ法の闇を暴く的な記事はどうっすか? 今なら需要爆裂っすよ」

 金髪がなけなしの優しさを奮い立たせて進言すると、ハゲは「なるほど……メモしておこう……」と呟き、手帳を取り出してページを捲り、ペンを構える。

 「……チ●ポ法って、なんて言うんだっけ? 正式」
 ハゲが問う。

 「知見の信頼性を担保するために講じられる調査に関する法律っす」
 金髪が即答する。

 ハゲは二回瞬きをしたあと、『チンポウ』と丁寧に書いて、手帳を閉じた。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン