1. トップページ
  2. 顔文字マナー

雨雨さん

 何だか恥ずかしいのでプロフィールは無しでいきたいと思います。作品を通して、感覚が伝わっていけば良いなぁ、なんて思っています。 未熟者ですが、よろしくお願い致します。

性別
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

0

顔文字マナー

13/01/12 コンテスト(テーマ):【 携帯電話 】 コメント:0件 雨雨 閲覧数:2747

この作品を評価する

 顔文字と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。恐らく「ルールが多い」「難しい」というような声がほとんどだと思います。確かに、細かな違いで全く用法の異なる顔文字は非常に難解かつ排他的です。また、年賀メールが年々減少傾向にあるのも、若者の間での顔文字離れが原因の一つと指摘されています。
 しかし、文章に欠けてしまいがちな書き手の感情を補うことの出来る顔文字は大きな発明です。顔文字ほど書き手の感情を色鮮やかに伝える文章表現は他にありません。
 本書は、複雑な顔文字を理解し、日常や職場、年賀の挨拶などに活用して頂く為の解説書です。皆様の座右の書として愛用して頂ければと思います。



 最初に、顔文字の基本的なルールを紹介したいと思います。しかし基本的とは言え、間違えやすい表現も多々あります。
 自分は顔文字を理解出来ている、そう思われる方も一度目を通しておきましょう。

●顔文字は文末に用いる!
 顔文字は原則、文末に付けます。文中や文頭に使ってはいけません。
 また、顔文字と句点を併用してはいけません。句点が顔文字の一部に見え、読み手に誤解を与えてしまう場合があるからです。

●一文に顔文字は一つまで!
 一文に使用することの出来る顔文字は一つまでです。複数の顔文字を一文に使用(多顔表現と言います)してはいけません。
 顔文字は感情を表現する手段。その感情が複数あると読み手が混乱する、とされている為です。同じ顔文字を重ねることも禁止されています。

●単顔文は友達同士で!
 文章※1を用いずに顔文字だけで構成された文を、「単顔文」と言います(一部を除く)。これは文章内容がなく、感情だけを伝える表現である為、友達や家族など親しい関係の人にのみ使うようにしましょう。改まったメールで使ってはいけません。

※1顔文字でない一般的な文字表現のこと。特定の名称はなく、便宜的に「文章」と言い表わす。「文末」なども同様で、「文章」の末尾を表す。

●混合顔文字も友達同士で!
 顔文字の中には、「 ̄O ̄)ノオハー」のように文字と組み合わされて構成されている表現もあります。これを「混合顔文字」と言いますが、こちらも改まったメールには使わないようにしましょう。本来文字以外で表現される顔文字に文字が入ることは、常道ではないとされている為です。「混合顔文字」も友達や家族同士でのみ使うようにしましょう。

●伝意顔文字と添付顔文字!
 顔文字には、喜びや悲しみなど特定の感情を伝える「伝意顔文字」とそれ自体には特に感情のない「添付顔文字」の二種類があります。
 伝意顔文字は文の内容に応じて使い分けますが、添付顔文字は読み手との関係性に応じて使い分けます。顔文字に特徴があり見分けるのが容易な伝意顔文字に対して、添付顔文字は細かな違いしかないのできちんと覚えましょう。また、笑顔の顔文字は「伝意顔文字」ではなく「添付顔文字」に分類されることにも注意しましょう。
 ここでは添付顔文字の中で、代表的な物を幾つか紹介します。
「(・ω・)」、「(≧ω≦)」……友達や家族など、親密な間柄に使う顔文字。
「(・v・)」、「(*^ー^*)」……知り合いや親せきなど、対等だが礼儀の必要な間柄に使う顔文字。
「(・_・)」、「(^-^)」……目上の人や取引先など、礼儀を弁えるべき間柄に使う顔文字。

●感謝と謝罪は慎重に!
 間違えて使ってしまうことが多いのが、感謝と謝罪です。
感謝……<(_ _*)>
謝罪……m(_ _)m
 この二つは非常に似ているので、間違えないように注意しましょう。「*」が使われる顔文字は肯定的な内容が多いです。
 また、謝罪の顔文字として他に「|←樹海|     ┗(^o^ )┓三」※2があります。こちらは「m(_ _)m」よりも謝罪の意が強い表現ですので、上手に使い分けましょう。ちなみに「|←樹海|     ┗(^o^ )┓三」は単顔表現※3です。 
 そして最も重要なのが、感謝と謝罪を伝える時には必ず顔文字を付けなければいけません。感情を伝える表現である顔文字が付いていないということは、心がこもっていないとされる為です。謝罪をしてかえって逆鱗に触れてしまった、ということのないようにしましょう。

※2本来は自虐的な表現として使われていましたが、自分の命をもって償う、という意味合いが残って現在では謝罪として使われています。
※3文章を伴わない顔文字表現のこと。この顔文字一つで文が成立しているので、文章に付けてはいけません。ちなみに単顔表現は「単顔文」や「混合顔文字」には当たらず、改まったメールで使用しても構いません。


 次は、それぞれの顔文字の由来を紹介したいと思います。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン