1. トップページ
  2. 傘がない

つつい つつさん

twitter始めました。 @tutuitutusan

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

1

傘がない

18/06/09 コンテスト(テーマ):第157回 時空モノガタリ文学賞 【 コメディ 】 コメント:2件 つつい つつ 閲覧数:434

この作品を評価する

 雨が降ってきたので、傘を買いに行こうかと外に出たけど、外は大雨で数メートル歩いただけでびしょぬれになったから家に引き返した。いつもこうだ。
 次の日も大雨だったけど、仕事だったから仕方なしに出かけた。コンビニに着く頃には案の定スーツもびしょぬれで、おまけに一番近いコンビニで傘は売り切れていた。
 そのまま傘もなしに駅にたどり着くとスーツどころかパンツまでずぶぬれなのがわかった。周りの人は迷惑そうな顔で僕を見ていたけど、僕だってちゃんと昨日も傘を買いに行こうとしたし、今日だってコンビニに買いに行ったんだ。だけどなかったんだって顔でにらみ返した。
 ずぶぬれのまま満員電車に乗り込むと、隣の若いサラリーマンは「まじか?」って顔で僕を睨むし、OL風の女の人はあからさまに「なに考えてんの?」って顔してるし、おっさんは僕にしっかり聞こえるように「ちっ」と、舌打ちをした。それでも、なにも気づかないふりして乗っていたけど、急ブレーキがかかった時、遠心力で前に立っていたおとなしそうな大学生くらいの女の子にもたれかかってしまった。女の子は、目に涙を浮かべて水気でべったりした自分の肩から横腹のあたりをさすっていた。汚いものに汚染されたって顔してるけど、それ、ただの雨だから。なにか得体の知れない液体がついたみたいな感じで絶望的な表情してるけど、それはさっきまで君が傘で防いでたよくあるただの雨水だからそんなに落ち込まなくていいのにって思ったけど、女の子は僕が降りるまでずっと真っ青な顔で唇をかみしめていた。
 会社に入ると、ここでもそうだった。後輩の大塚さんと先輩の若林さんは僕を見て「どうしたんですか、そんなずぶぬれで」って聞いてくるし、嶋田係長は「よくそんな格好で会社に来れるな」って怒ってくる。中田部長は僕を見るなり「村田、早く着替えてこい」なんて怒鳴る。「着替えなんて用意してないですよ」って答えると、すぐに買いにいけとさらに怒鳴られた。
 着替えを買いに会社から出たけど、納得いかなかった。カンカン照りの日にずぶぬれで出社したら、どうしたんだ、なんて格好してるんだって怒られるのはわかる。でも、大雨の日にずぶぬれで出社したら誰だってひとめで雨でぬれたってわかるはずだ。それなのに、駅や通勤途中ですれ違った人も、会社の人もみんな僕を見て「理解出来ない?」なんて顔をする。理解出来ないのはこっちのほうだ。降っているのはなんだ? 雨だろ。さしているのはなんだ? 傘だろ。だったら小さい子供にだってわかるだろ。なんで濡れているんだ? 雨のせいだろ。
 あれこれ考えながらデパートに入ると、制服を着た受付の女の人がびっくりした顔で僕に駆け寄ってきた。
「お客様、その格好での入店は困ります」
 僕は三秒くらいゆっくりと深いため息を吐いた後、聞いた。
「ずぶぬれだからですか?」
 女の人は笑顔で「はい、お客様」と答えた。
「だから、スーツを買いにきたんです」と、女の人に説明すると、女の人は眉間にシワを寄せ「は?」と聞いてきた。僕は、この流れで聞き返す必要性がどこにあるんだなんて疑問を感じながらも「だから、ずぶぬれで着替えが必要だから、スーツを買いに来たんです」と、一から十まで事細かにわかるように説明してあげた。そのまま5Fのスーツ売場に行こうとすると、「困ります、困ります」と、女の人が止めてきた。そうこうするうちに、女の人だけじゃなく、デパートの関係者なのかスーツを着た男の人が三人くらいわらわら現れて「困ります、困ります」と言う。ずぶぬれで困っている僕に対して大の大人が寄ってたかって「困ります」という。必要な時に必要なものを買いに来てるのに断られるとは、このデパート、いつもはまともなふりして、とんでもないデパートだなと思いながらも、あまりに断られるので、スーツを買うのは諦めた。でも、なぜか「お気をつけてお帰り下さい」と、傘を渡された。
 とりあえず傘も手に入れたことだし、ここはいったん会社に戻ろうと駅まで歩いた。ずぶぬれで体がなんだかもぞもぞしたけど、今は傘もさしているし、なんだか誇らしげな気分だった。
 会社の最寄りの駅のホームに着くと、嘘みたいに空は晴れていた。僕はこれまでの一連の出来事はなんだったんだって気分で空を見上げ伸びをすると、もういらなくなった傘を駅のゴミ箱にねじこんで意気揚々と会社に戻った。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

18/06/16 文月めぐ

拝読いたしました。
文章のテンポの良さが心地よかったです。
最後はまさかの展開でした。

18/06/16 つつい つつ

文月めぐ 様、コメントありがとうございます。
書いている時もリズム良く楽しく書けたので、その感覚が伝わってすごく嬉しいです。

ログイン