1. トップページ
  2. 粗大ゴミでないだけマシか

下北沢エンデさん

週に二回土日がほしい

性別 女性
将来の夢 旦那の稼ぎで子ども3人を小学校から私立に入れて私は印税で美顔鍼やドルヲタ活に勤しむ。もしくはドイツでミヒャエルエンデの二番煎じになる。
座右の銘 門限はわざと早い時間教えるものよ

投稿済みの作品

0

粗大ゴミでないだけマシか

18/04/22 コンテスト(テーマ):第155回 時空モノガタリ文学賞 【 ゴミ 】 コメント:0件 下北沢エンデ 閲覧数:234

この作品を評価する

土曜日は資源ごみの収集日だ。毎週ではなく隔週なのでダンボールや古紙はかなり溜まる。溜まったそれらを集積所まで持って行くだけでなく、家の中で散乱しないようにまとめて邪魔にならない場所へ置いておくのも、自分の仕事だ。
妻と二人の娘に任命された責任と名誉のある仕事。そう思わねばやっていられない。なぜならこれをやらなければ私自身が「ゴミ」扱いされるのだから。確かに私はふだん家のことなんてほとんどしない。しないけれども…資源ごみの管理を怠ると資源ごみになってしまうというのは、なんとも耐え難い屈辱である。資源ですらないなんてことは言わないでくれ。
それでも、今日も私はダンボールを束ねて集積所へ向かうのである。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン