1. トップページ
  2. 報酬はティーチのあとで

浅月庵さん

笑えるでも泣けるでも考えさせられるでも何でもいいから、面白い小説を書きたい。

性別 男性
将来の夢  
座右の銘  

投稿済みの作品

1

報酬はティーチのあとで

18/02/12 コンテスト(テーマ):第153回 時空モノガタリ文学賞 【 報酬 】 コメント:0件 浅月庵 閲覧数:538

この作品を評価する

 兄ちゃん、一人で飲み屋なんか来ちまって、彼女さんとかいないの? がはは、こんなオヤジに女の心配なんかされたくないよな。

 仕事は? バイトで食ってくのは厳しいもんがあるぞぉ。
 なに、夢があるだって? 小説家を目指してんのか。うんうん、だけどなかなか結果が出せなくて困ってる、と。

 ゴホン、仕方ねぇな。俺がいくつかアドバイスしてやるよ。え? ド素人に意見なんかされたくないだって。がはは、これだから今の若いもんは、目上の人間の言葉を聞く前からつっぱねちまっていけねぇ。

 ……いいか。よく聞け。俺も昔は小説家目指してたんだ。だけど道半ばで挫折して、今じゃボンクラオヤジってわけだ。お前さんにはそうなってほしくねぇ。だから俺が簡単な授業をしてやるって話だ。

 まず初めに文章を“わかりやすく、読みやすく、リズムよく”だ。そんなのわかりきってることだって? いやいや、兄ちゃんも今一度自分の書いた小説を読み直してみろよ。気を衒った言い回しをしてたり、自分にしか理解できない比喩表現、使ったりしてないか? それが個性だって言いたくなる気持ちもわかるけどよぉ、そんなんは卓越した技量を持った御大様たちに任せりゃいいんだよ。ただでさえ活字離れが進んでる現代だ。小説が“売れた”ってところまで持ってくには、あまり文章を読み慣れてない人間にまで届かせないと意味がない。あとよぉ、意外と「音読」するってのが大事だったりするんだぜ。自分がリズムよく読めないんじゃあ、他人様が読みやすいはずがないもんな。
 
 ……ん? 俺の話に興味持ち始めたか。がはは、次聞くか? よぉ〜し、教えてやるとも。

 煮詰まったら“逆を行け”。ネットなんかでも数多くの小説コンテストが開催されているけどよ、結構「テーマ」を設けてる小説賞が多かったりするわけよ。そのなかでみんなよぉ、同じお題に向かって頭を悩ませるわけだから、どうしたって内容被りみたいなもんが出たりするわけよ。そんなときにするのが“逆張り”ってやつだな。大半が丁に賭けるなら、俺は半に賭けるぜってな具合だ。その例として、仮にテーマが「スイカ」だとしたら、大半が「食べる」「育てる」「夏」「田舎」「おばあちゃん」みたいなもんを連想すると思う。そんじゃそのスイカを、通常とは違う使い方で作品に落とし込んでみろよ。スイカの皮をヘルメットにする慣習が流行っている世界の話とか、皮の縦縞模様が異常に好き、もしくは嫌いな主人公の話とかよ。スイカの中身じゃなくて、別のニュアンスから捉えるってのも一つの手だと思うぜ。え? そんなの絶対良質な作品に仕上がるわけないじゃないかって? いやいや、インスピレーションってのは馬鹿げた視点からでも数多く思い浮かべるのが重要なんだぜ。そのなかから精査して、面白い物語をチョイスすんだよ。だから最初に“煮詰まったら”って前置きしたろ。一発で自分のアイディアを正解まで持ってける奴なんてそうそういないんだからよぉ。

 ……おっと、そろそろ帰り仕度しなくちゃ。女房に叱られちまうよ。本当はもっと色々と話したいんだけどよぉ、次のでおしまいにしとこうか。

 最後に、作品タイトルを“気にならせろ”。最近の小説はこの傾向が目立つなぁ。なにこの小説、面白そう、どんな話なんだろう?って、タイトルを読んだだけで物語を想像させる“意味深さ”が重要なんだ。およそ日常生活で噛み合うことのない単語と単語を繋ぎ合わせる。なに、例を出してみろだって? 「あなたの心臓を握りたい」とかどうだ。なに、どこかで聞いたことある題名だって? まぁ、こんなんだったら厭でもインパクトありありだろ。どんな意味が込められてるんだって気になっちまうだろ? それでもう初っぱなの壁はクリアってわけよ。まずは読者に手に取ってもらう、興味をもってもらわんくちゃ始まらんからな。
 そんで、ラストの方で伏線回収。タイトルの理由を明かしちまえば、あぁそういうことだったのね!って、印象にも残りやすくなる。一石二鳥ってわけだ。

 どうだい? 俺の話は参考になったかい。思ってたよりは? がはは、そいつはよかった。

 おう、そんじゃあ親父さん。会計頼むわ。五千円? 確かポッケに札が入ってた……ありゃ、しかも俺、サイフを家に忘れちまったようだ。こりゃいけねぇ、がはは。

 ……悪いがよぉ兄ちゃん、俺の分も一緒に払っといてくれねぇか? 困りますだって?

 なぁ〜に、これで兄ちゃんは一人前の小説家になれるはずだ。そんときは賞金やら印税がガッポガッポ入るんだからよぉ、恩人である俺への報酬を前払いするってだけの話だぜ。しかも俺最初に“授業してやる”って言ったよな? そしたら授業料を払うのが世の道理ってもんよ。じゃあそういうことで、お先〜!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン