1. トップページ
  2. 忘れない空

かめかめさん

http://ameblo.jp/kamekame1976/ ブログデシセイカツバクロチウ

性別 女性
将来の夢 印税生活
座右の銘 ハワイに行きたいと思ったら、一歩踏み出さないといけない。 ハワイは向こうから近づいてこない。

投稿済みの作品

0

忘れない空

12/12/23 コンテスト(テーマ):【 携帯電話 】 コメント:0件 かめかめ 閲覧数:1917

この作品を評価する

突然、携帯が鳴った。

離島の小学校に赴任してから一週間、一度も鳴ったことがないので驚いた。
遠くへ行くと告げた僕に愛想を尽かし、みんな僕から去って行った。
友達はおろか恋人さえ連絡をくれなくなった。
それでも習い性で、毎日、充電しては持ち歩いていた。

メールボックスを開く。
送信者は「ゆみ」。
送信日は……。なんだ、僕が赴任したその日じゃないか。
一週間、着信音が鳴らないから、別れ際に言われた、
「待っててなんか、やらないんだから!」
って言うセリフを本気にしていた。
この島で携帯のアンテナが立つ場所は少ない。
せっかく思い立ってメールをくれたのに、何日も届かなかっただけなんだ。
急いでメールを開く。

「昨日はゴメン。
 でも、急に転勤決めて、
 急に行っちゃうんだもん。
 ひどいよ。
 
 島の天気はどうですか?
 小学校の子はみんな元気?

 こちらは綺麗な夕焼けです。
 遠くにいても
 同じ空を見たいので
 写真を送ります」

急いで返事のメールを送ろうとしたが、アンテナが一本も立っていない。
この近辺で受信したのだから、このあたりで送信できるはずだ。
携帯を右手に持ち、上へ向けたり、下へ向けたり。
右手を空高く差し伸べて、やっとアンテナが立ち送信できた。
なんだか、バスケの試合でゴールが決まったような気分だ。

返信できたと安心して、添付された写真を見ていなかったことに気付いた。
あわてて写真を開く。
よく知っているビルの屋上からの景色だった。
たった一週間、街を離れただけなのに、懐かしくて涙が出そうになる。
ゆみと二人、デートのたびにここへ行った。
何があるわけでもないけれど、涼しい風と広い空を二人で並んで見つめていた。

ふと、違和感を覚える。
よく知った景色だけど、見慣れた景色と何かが違う。
じっくりと写真を見つめる。
たびたび画面が暗くなり、よく見えない。そのたび携帯のボタンをいじる。


フェンスだ。

ビルの屋上には人の背丈より高いフェンスが張り巡らされていて、いつも僕らはフェンス越しに空を見ていた。
この写真には、そのフェンスがない。

ふと、可笑しくなった。
ゆみは、うんと背伸びして右手を目いっぱい伸ばしてこの写真を撮ったのだろう。
きっとそれは、さっき僕がアンテナを探して手を伸ばしたポーズと似ている。

気付けば陽は傾いて、海に向かって沈んでいこうとしている。
オレンジ色とも金色とも、もっといろんな色にも見える複雑な色。

どんなに遠くに離れていても同じ色を見ているよ。
ゆみにそう伝えたくて、僕は夕焼けを写真に写すと、爪先立ちで右手を高く伸ばした。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン