1. トップページ
  2. 誰かと繋がる

石蕗亮さん

占師。および魔術師。 WEB幽にて怪談投稿してました。 弟子育成の経験や実体験を基にした不思議な話を中心に書いていきたいです。 沢山の方に読んで頂き、反論含めコメント頂けると幸いです。

性別 男性
将来の夢 作家、起業
座右の銘 人は言葉に置き換えれるものしか理解できない。置き換えた言葉でしか理解できない。

投稿済みの作品

7

誰かと繋がる

12/12/23 コンテスト(テーマ):【 携帯電話 】 コメント:5件 石蕗亮 閲覧数:2293

この作品を評価する

独りで夜の海へ来た
月の光が水面に輝きの道を象っていた
蒼い空と丸い白光り
吐いた息が一瞬視界を覆い
刹那に朧月になった
砂浜に座って漣を聞く
誰も居ない海
携帯を開く
カメラを起動させて月と海を撮る
保存をかける
そのままブログを開く
いつもどこかで誰かが繋がっている
今も誰かと誰かがネットの海で繋がっている
ブログに今撮ったばかりの画像をアップする
気分はボトルレターを海に投げるようだ
このブログの記事を誰が最初に見つけてくれるのだろうか
いつもブログにきてくれる人か
それともまだ見ぬ誰かなのか
少しの期待を込めて
画像にコメントをつける
「ここではないどこかで
私の記事を見てくれる人へ
この記事に目をとめてくれてありがとう
願わくば
これが良き縁になりますように」
月に向かって携帯を持つ腕を伸ばし
送信を押す
私は今日も誰かと繋がる
携帯からネットを介して


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

12/12/23 笹峰霧子

目に留まり、やってまいりました。

私も同じようなきもちあります。
誰かとつながってると感じるときはうれしいですね。

12/12/24 泡沫恋歌

石蕗亮 様。
拝読しました。

私もブロガーです。
エキサイトのブログに日記代わりに日々の出来事や
食べた食事の写真とか載せています。
誰も見てくれなくても自己満足で楽しいです。
ブログに記録を残すことは、生きてきた証を刻むようなもの。

ネットは世界に繋がっています。
そしてネット民はみんな仲間です(笑)

12/12/25 石蕗亮

笹峰霧子さん
訪問ありがとうございます。
誰かと共感を得られたときは心躍りますね。
ここでコメントもらえる時も同じくうれしくなります。

12/12/25 石蕗亮

泡沫恋歌さん
いつもありがとうございます。
昔はブログやってましたがサイト自体閉鎖してしまい、それ以来あまりやってないですね。
でも自分を残すっていうのはよくわかります。
その気持ち、結構あります。

ネット民はみんな仲間です(喜)

12/12/25 石蕗亮

画像は携帯で撮影した日本海に傾く月と松島の夜明けです。

ログイン