1. トップページ
  2. ツイスミ不動産 物件2:八季庵号

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

1

ツイスミ不動産 物件2:八季庵号

17/07/28 コンテスト(テーマ):第139回 時空モノガタリ文学賞 【 旅 】 コメント:0件 鮎風 遊 閲覧数:540

この作品を評価する

 真夏の昼下がり、サファリキャップを粋に被った紳士と、キャペリン帽子のつばの奥から微笑む貴婦人がツイスミ不動産を訪ねて来た。Iと名乗るこのシニアカップル、子供たちはとっくに巣立ち、親の介護も昨年終えたという。きっとこの歳に至るまで色んなことがあったに違いない。だが今は人生終盤の自由を満喫しているようだ。
 応対に出た笠鳥(かさとり)課長とスタッフの紺王子(こんおうじ)を前にして、夫人はおもむろにタブレットを取り出し、ツイスミ不動産のHPを立ち上げた。そして夫が画面のメッセージを朗々と読み上げる。
 長い旅路の果てにきっとある、あなたの居場所。
 これからの残された人生は穏やかに、そして好きなように暮らして行きたい。そんな終の棲家をあなたはお探しではありませんか?
 お任せください、ツイスミ不動産に。
 あなたのご要望に応え、最高にご満足いただける物件をご紹介致します。

 I氏は一呼吸し、「これ、嘘じゃないですよね」と眼光鋭く睨み付けてくる。笠鳥凛子ことカサリンは若干の震えを覚える。しかしこんなオヤジに怯むほど柔ではない。オホホと一笑し、「私並びにこのクワガタ、いえ、紺王子宙太が誠心誠意お探し致しますわ」と啖呵を切る。それと同時にデスクの下でクワガタを二度蹴る。
 これは合図だ。なぜなら家探しのキーパーソンは旦那より奥さま。そのI夫人に、何はともあれイケメン風にアプローチを開始せよということ。
 これを受け部下は「私はこんちゅう(紺宙)、だから昆虫のクワガタとしてここで飼われてます」とまずは自虐的に場を和ます。その後間髪入れずに、奥さまが一番お綺麗とばかりに愛想笑いし、「終の棲家のお好みは?」と訊く。この会話から外された旦那がムッと表情を変える。しかし古女房は手慣れたもの、「まずはこの人の望みを聞いてやってください」と立てる。
 なるほど、最終決断者が妻だとしても、そこへ至るプロセスが必要。そこで課長は「まずはご主人様のご要望を」と促す。すると旦那は待ってましたとばかりに、「春は山里の一本桜を愛で、夏は大海原の白い帆に乾杯。秋には紅葉に埋もれる山寺をふらりと訪ねて、冬は白銀の雪原、その氷点下の冷たさを感じたい」と、うわ言めいたことを。
「春夏秋冬だけでは物足りないよ」
 妻はそれを横から一蹴し、「新芽ふく冬から春への原野、若鮎跳ねる春から夏への清流、賑わいが消えた夏から秋への浜辺、枯れ葉舞う秋から冬への並木道、私は春夏秋冬の間にある、移ろい行く四つの時季が好き、だから四季だけではなく、四つの模様替えを合わせた八季を味わいたいわ」とオヤジより欲張った主張をする。
「えっ、八季? ……、すご〜い!」
 カサリンは意味不明のまま女学生のように叫んでしまう。されどもさすが百戦錬磨の熟女課長、「終の棲家と八季はどう絡み合うのですか?」と冷静に疑問を投げ付ける。すると即座に「今申し上げたような八季すべてが周りにある終の棲家を探して欲しいってことよ」とまさに剛速球が返ってきた。
 一本桜、白い帆、山寺、白銀、原野、清流、浜辺、並木道。クワガタは脳内でタグ付けをし、「こんなの全部味わえる物件なんて、この世にはないショ、無理無理無理!」と叫んでしまう。だが一方で、カサリンに不動産屋ガッツの火がメラメラと。あとは勢いと弾みで宣言、「探し出してみせますわ」と。

 2週間が経過した。なんと極上物件が見付かったのだ。再来店した夫婦が開口一番に「どこにあったのですか?」と質問する。紺王子は「徒歩5分のところに」と胸を張る。「えっ、そんな近場に」と驚く夫妻に、「まずは現物確認しましょう」とエスコートする。そして着いた所は市営駐車場だった。
「あれです」と紺王子が自信満々に指を差す。その先にあったのは車体に八季庵号と銘打たれたピカピカのキャンピングカー。
 旦那は「なんじゃらほい?」と首を傾げ、その後「この手があったのか」と頷く。妻は「日本の八季を味わうためには、こちらが動けば良いのね」と笑みが零れる。こんな目から鱗状態に、「この終の棲家で日本八季巡りの旅をどうぞ」と不動産屋の二人が深く一礼する。
 だが一番肝心なことが。それを察してか夫人から「ところでお値段のほどは?」とじんわりと質問がある。これを受けクワガタは自信満々に「お値打ちの、680万円で〜す」と言い放つ。
「うん、リーゾナブルだ」と目を輝かせる夫に対し、妻は「八季庵号に住んでしまえば、主人と24時間かける365日ずっと一緒なのね」と少しばかり顔を曇らせたのだった。

 さてさてみな様、I夫妻が終の棲家として八季庵号を購入したかどうかは個人情報です。だから明かせません。
 ただ時に、日本の八季を巡る旅にこの身を埋没させたいと思う。そのための住まいとして、八季庵号は一つの選択肢になり得るかも、と。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン