1. トップページ
  2. ツイスミ不動産 物件1:豹猫島(ひょうねこじま)洋館

鮎風 遊さん

この世で最も面白い物語を見つけ出したい。 そのために、ひとり脳内で化学反応を起こし、投稿させてもらってます。 テーマに沿った個別物語の他に、いくつかのシリーズものをコツコツと書き続けさせてもらってます。 その主なシリーズものを紹介させてもらいます。  ☆❤☆❤☆ 新シリーズ 『ツイスミ不動産』 __ 2017.07.16よりスタートさせてもらいました。 カサリンとクワガタ野郎があなたが求める終の棲家を紹介いたします。  ☆❤☆❤☆ 『刑事 : 百目鬼 学(どうめき がく)』 __ 2017.05.21 ただ今、27話 __ 1話完結の2000文字推理小説です。この少ない文字数の中で、百目鬼刑事と部下の芹凛(せりりん)がいかに事件を解決していくか、その醍醐味を味わって頂ければ、光栄です。 これからも引き続き難しい事件に挑戦して参りますので、よろしくお願いします。  ☆❤☆❤☆ 『漢字一文字の旅』 __2017.04.04 ただ今、連載41__ 漢字にまつわるエッセイです。  ☆❤☆❤☆  『歴詩』 __歴史上の人物になりかわって、その波瀾万丈の生き様の思いを詩に綴らせてもらってます。 本作品については、フォト音(on)小説という形で、you tubeにもUPさせてもらってます。 詳細はこちらHPです。  ☆❤☆❤☆  http://ayukazeyuu.net/index.html  ☆❤☆❤☆                         よろしくお願いします。              

性別 男性
将来の夢 この世で最も面白い物語を見つけ出したい。
座右の銘 Do what you enjoy, enjoy what you do.

投稿済みの作品

0

ツイスミ不動産 物件1:豹猫島(ひょうねこじま)洋館

17/07/16 コンテスト(テーマ):第138回 時空モノガタリ文学賞 【 猫 】 コメント:1件 鮎風 遊 閲覧数:655

この作品を評価する

 長い旅路の果てにきっとある、あなたの居場所。
 これからの残された人生は穏やかに、そして好きなように暮らして行きたい。そんな終の棲家をあなたはお探しではありませんか?
 お任せください、ツイスミ不動産に。
 あなたのご要望に応え、最高にご満足いただける物件をご紹介致します。

 こんな宣伝文句に乗せられたのか、今日も1組のシニアカップルFさんがツイスミ不動産の自動扉の前に立った。ドアは軽やかに開き、二人は吸い込まれるように中へと。するとカウンターの向こうから黒縁眼鏡の女性が「さあ、こちらにお座りください」と笑顔を向けてくる。
 この女性はやり手の営業課長、名前は笠鳥凛子(かさとりりんこ)、通称カサリン。本人は格調高く英国風にキャサリン(Catherine)と呼べと事ある毎に強要するが……。
「クワガタ、お客さまにお茶を出して」
 カサリンは背後で、PC画面にのめり込み資料作成している営業員、紺王子宙太(こんおうじちゅうた)に声を掛ける。なかなかのイケメンだ。そのためかカサリンはこいつが付け上がらないように、業務指導の一環のつもりでクワガタと呼んでいる。
 紺王子はある日、この呼び方が気に食わず、それ止めてくださいよと文句を付けた。
「だってお前は紺王子宙太のコンチュウ(紺宙)だろ、だからクワガタ。とにかく昆虫の中でも上等なんだから喜べ。さあまだ青い王子、お仕事頑張ちゃって、早く王様クワガタになりよしね」と熟女カサリンにさらりといなされてしまった。

 それはそれとして、「ようこそ、どうぞ」
 紺王子がお茶をカウンター上に置くと、笠鳥課長は「お客さま、このクワガタ、いえ紺王子宙太が担当させてもらいます」と宣言し、一応美人ではあるが、やけくそぎみに塗りたくった白っぽい面を突き出した。そしてかなりブルーな瞼をパチクリとし、「ご希望は?」と。
 このトントン拍子の展開に夫婦はポカーン。しかしクワガタと呼ばれた担当者が意外にも好青年、夫人からそこはかとなく笑みがこぼれる。これに、さすが長年苦労を掛けたと罪悪感がしこってるFダンナ、カミさんの機嫌が良い内にと、「探して欲しい終の棲家は、そう猫です。猫たちと一緒に残された時間を生きて行きたいのです」と言い放った。
 されども、この男一徹は危険だ。「奥さまは同意されているのですね」と責任者のカサリンが妻の顔を覗き込む。
 が、こんな大事な場面で無神経にも、クワガタ野郎は「私は犬派、ワンちゃんの方が可愛っすよ」とほざきよる。もちろんカサリンはヒールの先で強烈キック。だが不思議なものだ、紺王子の「イテッ!」の叫びを掻き消し、奥さまは「猫まみれの終の棲家、@%ですわ」と。
 うーん、肝心な@%単語は聞き取れなかった。だが微かに頷いた…ようだ。
 こうしてF夫妻向けのツイスミ探しが始動した。

 これはラッキーなのか、1週間後に「ご期待の終の棲家、豹猫島に見つかりました。高台の敷地500坪に建つ築100年の洋館でして、猫ちゃん飼い放題です。ぜひご一緒に物件の確認に参りましょう」と女性課長が畳み掛ける。
 F夫妻はこの勢いに負け、気が付けば日に2便しかない連絡船に乗船。そして今、茫洋とした大海が望めるトンガリ帽子の洋館にいる。確かにここでは誰に遠慮もなく猫ちゃんと暮らして行ける。その上に島の案内人が「ほら、あそこの枝で、豹猫が休んでますよ」と背後の森に向けて指を差した。これに促されて持参した双眼鏡でF夫婦が交互に覗く。
「あらららら、豹柄の猫が、えっ、あの子たち、ベンガルヤマネコ?」
 思わず驚きの声を上げた夫人に、「多分、この島生存の家猫のDNAから古代豹猫が蘇ったのでしょう。その後私たちの努力の甲斐ありまして、今は野生化し、数十匹が森で暮らしてます」と島の案内人が胸を張った。
 素晴らしい、豹猫がいる島で暮らせるなんて、と興奮する夫妻に、カサリンは伝えておかなければならないことがある。
「敷地内では、豹猫の生き餌となるネズミを飼育して、森に放ってくださいね」
 さらに案内人がシレッと「それが島民の役目です」とダメ押しをする。これにギョッと眼を剥いたシニアカップルが深い沈黙の1分後、「ところで、お値段は?」と一番肝心な質問を投げ付けてきた。
 ご一同様に緊張が走る。しかし、ここに役割分担がある。価格発表は紺王子宙太の役目だ。一拍後、恐い上司をチラ見し、辺り一帯に猫語を轟かせたのだった。
「お値段は、8百ニャン円で〜す!」

 さてさてみな様、F夫妻が望む終の棲家、豹猫島洋館を8百万円でお買い上げされたかどうかは、個人情報に当たるとか。つまりツイスミ不動産としては公表できないようです。
 したがって想像にお任せします。
 それにしても残りの人生、野生化した豹猫とともに生きるのも案外面白いかも……、ね!


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/07/16 鮎風 遊

みな様へ
ツイスミ不動産、新シリーズを開かせてもらいました。
順次新物件を紹介させてもらいます。
買う買わないは別ですので、気楽に読んで頂ければ光栄です。

ログイン