1. トップページ
  2. 袋の……

忍者猫さん

オタクほど突き詰めてませんが、特撮とSFが好きです。

性別 女性
将来の夢 悠々自適
座右の銘 他人に思想をひけらかすのは止めよう。

投稿済みの作品

1

袋の……

17/07/10 コンテスト(テーマ):第138回 時空モノガタリ文学賞 【 猫 】 コメント:0件 忍者猫 閲覧数:709

この作品を評価する

 そいつ等は、何の前置きもなく現れる。
 鍋を取り出そうとすれば、流しの台の奥から。
 洗濯した衣服をタンスに片付けようとすると、開いた引き出しで安眠しており。
 終いには買い物に行く為に財布を確認しようと開けたバッグの中でみっちりと丸まっていた。

 何時も、ではない。
 雨の日の時もあれば、カンカン照りの真夏日も、小雪がぱらつく日もある。
 さらに言うと、今うちにいる連中ばかりじゃなく、それ以前の連中も良くやらかし、私の何かやろうと言う気力を奪うのだ。

 だけど、多分。

 料理を止めた日に、軽いボヤが出たり。
 タンスから離れた途端、地震が起きて棚の上においていた花瓶が鼻先すれすれに落ちてきたり。
 出掛けるのを止めたその日に、近所で事故が起きたのは気の所為、だと思う事にする。

 気の所為だから弟よ、家の総重量20キロの大猫どもに刺身の盛り合わせを供えるのは止めなさい。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン