1. トップページ
  2. 愛と勇気と正義の強盗団

かめかめさん

http://ameblo.jp/kamekame1976/ ブログデシセイカツバクロチウ

性別 女性
将来の夢 印税生活
座右の銘 ハワイに行きたいと思ったら、一歩踏み出さないといけない。 ハワイは向こうから近づいてこない。

投稿済みの作品

0

愛と勇気と正義の強盗団

17/05/21 コンテスト(テーマ):第134回 時空モノガタリ文学賞 【 正義 】 コメント:0件 かめかめ 閲覧数:1167

この作品を評価する

『逮捕されたのは、斉藤愛容疑者、竹中勇気容疑者、上杉正義容疑者の三人です。三人は昨夜未明、金生町のコンビニエンスストアに押し入り、店員をナイフのようなもので脅しレジの金を強奪した疑いで……』

 つけっぱなしのテレビから流れてきた声に唖然として食っていたカップ麺の汁をテーブルにこぼしたことにも気づかず画面に釘付けになった。昼下がりのお気楽なワイドショーだが、冗談でこんなニュースを読むはずがない。だが、愛と勇気と正義の強盗団とは。自分の耳を疑った。

『三人は高校時代からの同級生で、当時はとくに仲が良かったわけではなかったそうなんですね。どういう経緯で強盗などという罪を犯してしまったのか、我々は独自の調査でその闇に迫ります』

 三人の容疑者の写真が大写しになって、それからは三人と親しかったと自称する人達がモザイクで顔を隠し「あいつがそんなことするなんて信じられませんよ」と判で押したようなことを言うVTRが続いた。くだらない。どうせこいつら皆、三人のことなど顔くらいしか知らないに違いない。
 だがそんな中、一人だけ、違う言葉を口にする女性がいた。

『正義は当時から犯罪にすごく憧れていたんです。両親から厳しいしつけを受けて育ったせいか、大人の前ではすごく素直な優等生でした。だけど彼は大人に隠れて煙草を吸ったり、クラスの子をこっそりいじめたりしていました』

 女性は過去形で話していたが、なぜだか俺には彼女が今見たことを話しているのだという気持ちがした。

『いじめられていた子はクラスの中でも浮いていて、でもクラス内ではいじめはなかったんです。正義が彼をかばっていたから。正義は人を惹きつけるところがあって正義の言うことは皆よく聞きました。先生が静かにしろと叱っても無駄な時も、正義が笑ってみんな静かにしようって言えばクラスは静かになりました』

 俺はなぜかそんなクラスの様子を見てきたように思い描くことが出来た。教壇に立った中年の男性教諭が正義を見つめている。正義はクラスの真ん中の席で立ちあがり無邪気に微笑んで教諭に目配せする。教諭はやっと教科書を開き授業を始める。教室中の生徒の視線は正義のもとに集まっている。まるで救世主の言葉を聞きもらすまいとする信徒のようだ。

『正義はいつも笑顔でした。話す言葉はいつも正しくて行動も立派でした、表向きは。彼は本当は人を傷つけるのが大好きだったんです。いじめられていた子も、正義に傷つけられていました。精神的なことじゃないんです。正義は彼のお腹に何本もカッターナイフで切れ目を入れました。あの子のお腹はそのうちに赤いチェック模様のシャツを着ているみたいになりました。それでもあの子は逃げなかった。正義の言葉を誰よりも近くで聞けることを喜んでいたんです』

 体育館の裏で正義は少年にシャツをめくるよう命じる。少年は素直にシャツを胸まで上げる。そこには無数の細い傷跡が走っている。正義はその傷を指でたどる。それからまだ真っ白な皮膚にカッターの刃を当てる。ぷつり、と小さな血の玉が浮かぶ。少年は恍惚とした表情で目をつぶる。

『みんな本当は正義がどんなことを望んでどんなことをしようとしているのか分かってる。だから正義が黙っていることを無理に聞き出そうとなんてしない』

 教室の真ん中、微笑を浮かべて立っている正義の周りには誰もいない。正義が誰も必要としていないことを皆知っているから。だが本当は皆、正義のそばにかしずきたくて、その隙を窺っている。

『正義が捕まったのは失敗なんかじゃない。彼はわざと捕まったの。それが彼のしたいことだから』

 顔を隠すモザイクの下で、女は笑った。それがはっきりと見えた。真っ赤な唇がニイっとつりあがったのが。女性は口を開けると舌を突き出した。そこには髑髏の刺青が黒々と刻まれていた。

 そこでVTRはぶつりと切れた。映像がスタジオに戻り、緊張した面持ちのニュースキャスターが原稿を読み上げた。

『ただいま入ったニュースをお伝えします。先ほど強盗容疑で逮捕された上杉正義容疑者が拘置されていた中央警察署から脱走しました。繰り返します……』

 ああ、彼は脱走するつもりだったのか。そのためだけに捕まったのか。テレビの中の一人が正義の写真を見ながら言う。

『彼が間違ったことをするはずがない。彼は正しい』

 もう一人、声をあげる。

『そうだ、彼こそ正義だ。私たちは彼の行動を支持します』

 テレビの中の人は皆、正義のことを待っている。未だまみえる事のない正義を。
 正義は誰もかれもを魅了する。それがどんなに反社会的なことでも正義の名のもとでは正しい行いに変わる。

『彼は私たちに新しい道をもたらす。彼こそが私たちの正義なのです』

 この世界の善はたった一人の正義によって変わっていく。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン