1. トップページ
  2. ただ、静かな日々を

ツチフルさん

お時間があるときにでもお読み下さい。 自宅にネット環境がない都合上、新作を投稿するときのみのアクセスのため、感想に返信できないことが多々あるかと思います 申し訳ありませんが、ご了承願います。

性別 男性
将来の夢
座右の銘

投稿済みの作品

8

ただ、静かな日々を

17/05/18 コンテスト(テーマ):第134回 時空モノガタリ文学賞 【 正義 】 コメント:4件 ツチフル 閲覧数:1582

時空モノガタリからの選評

感謝を装いながら自分にとっての邪魔者を消すように巧みに導く手紙が何とも怖いですね。文面が冷静であるために、全てが計算づくなのだと分かり背筋が寒くなります。手紙の主が何を言おうと、それにそそのかされ実行してしまう犯人が一番悪いといえば悪いのでしょうけれども、自分の手は汚さずに思い通りの結果を実現させる手紙の主は、犯人を上回る狡猾さと冷酷さをあわせ持つ人間なのでしょうね。手芸用のペンは、警察がきちんと調べれば筆跡や痕跡が出てくるのでしょうが、素人目にはうまいトリックだなと思います。“正義”を自分の都合で意図的に使い分ける狡猾で冷酷な人間を、良く練られた構成で丁寧に描いていると感心しました。

時空モノガタリK

この作品を評価する

 
 破かずに読んでいただければ幸いです。

 
 204号室様
 ありがとうございます。
 あなたのおかげで月島さんが越してくる前の静かな日々が戻ってきました。
 何しろ、月島さんの犬には私だけでなく近所中が迷惑していましたから。
 散歩に行かないせいでいつも吠えているし、トイレの始末をしないから庭はフンだらけ。回覧板を届けるのが苦痛でした。風向きによっては、一日中あの悪臭に悩まされることもあったのです。
 ずっと、どうにかしてほしいと思っていました。
 月島さんに会えば同情するふりをしますが、内心は皆、あの犬がいなくなって喜んでいるのです。
 平日の昼下がりを選んだのは良い判断でしたね。
 この辺りは共働きの家ばかりなので、最もひとけのない時間帯です。
 だから。見たのは多分、私だけ。
 かん違いしないでくださいね。
 これはおどしでも、ゆすりでも、自首をすすめる手紙でもありません。
 感謝の手紙です。
 あなたは世間から見れば犯罪者ですが、あの犬に悩まされていた私たち住人にとっては正義のヒーローなのです。
 誰にも言いませんし、もちろん警察に通報することもしません。
 私の周りはあなたに感謝する声ばかりです(ひそひそ声で…ですけどね)。
 本当にありがとうございました。
 
 追伸
 宮下さんの猫も酷いですよね。
 植木を荒らしたり、池の魚を食べたり、人の家に入って汚したり…
 最近は発情期のせいか、朝からわめきちらして本当に迷惑です。
 この間のママ友会でもその話で持ちきりでした。
 どうにかならないものでしょうか。
 あなたなら良い対策を思いついてくれそうな気がします。
 念のため。宮下さんの家は公園前の青い屋根ですよ。


 204号室様
 昨日、宮下さんの猫がうちの庭を荒らしていきました。
 なぜ、まだいるのでしょう。
 あなたが月島さんの家から出ていく写真を同封します。
 これで良い方法が思い浮かぶかもしれません。
 期待してます。
 

 204号室様
 ありがとうございます!
 やっぱり静かな朝は良いものですね。
 宮下さんは可愛がっていた猫を失ったショックで寝込んでしまいましたが、すぐ立ち直るでしょう。いちいち大げさなんです。あの人。
 迷惑な猫がいなくなって近所の人たちは安堵しています。市ノ瀬さんにいたっては、植木が荒らされなくて済むと堂々と喜んでいました。
 本当にありごうございます。
 ただ、月島さんの犬と同じ手口にしたのはまずかったですね。
 二つの事件に関係があると見て、警察が捜査を始めたのです。
 先日、うちにも聞き込みに来ました。もちろん何も知らないと答えましたけど。
 いずれ、そちらのアパートにも行くでしょう。
 うまく切り抜けてください。 
 まだ頼みたいことがありますから。


 204号室様
 警察の捜査が打ち切られました。
 半年というのはずいぶん長く感じましたが、被害が人間ならもっと長引くはずなので、そういう意味では早かったと言えるかもしれませんね。
 あなたが捕まらなくて本当に良かった。
  誰も捜査に協力しませんでしたし、天はあなたという正義に味方したのです。
 

 204号室様
 いつもゴミ集荷場に座っている、加西のおばあさんはご存じですよね。
 人のゴミ袋をのぞきこんで、ほんの少し分別を間違えただけで突き返したり、その場でぶちまけたりする人です。
 あなたも被害にあった経験があるでしょう。
 あの人には、住人の誰もが迷惑しています。
 同居している息子夫婦は、そのたびに謝り歩いているのですよ。気の毒でなりません。
 何とかしてあげたいですよね。
 加西家の地図と合い鍵を同封しました。
 お願いします。
 これが最後のお願いです。


 204号室様
 義母の葬儀も済み、私は今、とても静かな日々を過ごしております。
 もう犬の鳴き声もにいら立つこともなく、猫に庭を荒らされる心配もなく、祖母の横暴に耐える必要もありません。
 これもあなたのおかげですね。心から感謝申し上げます。
 ところで、私の書いた手紙はまだ取ってありますか。
 もしあるのでしたら、広げてみてください。
 何も書かれていないことに驚かれると思います。
 手芸用の特殊なペンで書くと、そんなふうに数日で綺麗に消えるんですよ。
 今回の手紙は一番早いピンクで書いたので、一日もたたずに消えるはずです。
 もう消えかかっているかもしれませんね。読めればいいですけど。
 さて。
 先ほど、あなたの犯行写真を警察に送りました。
 近いうちにアパートに捜査の手が入ることでしょう。
 やっぱり平穏な日常に殺人犯が住んでいるのは落ち着きませんもの。
 私の平穏な日々はこれで完成となります。
 ありがとうございました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/06/19 光石七

入賞おめでとうございます!
遅ればせながら拝読しました。
最後まで拝読してからタイトルを再確認すると、ぞっとしますね…
冷静で巧妙な手紙による誘導、自らの手は汚さずに邪魔な存在を全て消し去った手紙の主が怖いです。
素晴らしい作品でした!

17/06/25 ツチフル

光石様・瀧上様

感想をいただき、ありがとうございます。

この作品を書くにあたって、実際に手芸用のチャコペンを購入して使ってみました。
便箋にこの手紙の一部分を書いて放置したところ、二日で微かな染みになり、三日で完全に消えたのです。
本当に消えのるかという不安が消えたので、こうして作品にすることができました。
楽しんでいただけたのなら、幸いです。

17/06/28 浅月庵

ツチフルさま
拝読するのが遅くなりましたが、
入賞おめでとうございます!

限られた字数のなかできちんとトリックも効いていますし。
なにより自分の手を下さず、ことが終わると自分にとっての正義すらも
切り捨ててしまう主人公の狡猾さが、丁寧な言葉遣いとの対比で
余計に恐怖を煽られました。
とっても面白かったです!

17/07/04 ツチフル

浅月庵様

読んでいただき、ありがとうございます。
字数がもう少しあれば、あと数人は陥れられるかなとも思いましたが、逆に冗長になってしまったかもしれません。

楽しんでいただけたのなら幸いです。

ログイン