1. トップページ
  2. 浦島太郎の怨返し

風宮 雅俊さん

テーマに沿った物語を、どのくらいのレベルで書けるかな? と言う事で登録してみました。 アマゾンの電子書籍キンドルで作品出してます。こちらも宜しくお願いします。 ツイッター: @tw_kazamiya

性別 男性
将来の夢 世界一周の船旅で、船室に籠って小説を書く事
座右の銘

投稿済みの作品

5

浦島太郎の怨返し

17/03/27 コンテスト(テーマ):第132回 時空モノガタリ文学賞 【 浦島太郎 】 コメント:2件 風宮 雅俊 閲覧数:864

時空モノガタリからの選評

亀を助けたお礼に竜宮城での接待だけでなく、地上での孤独な生活と貧困までセットでもれなく付けてくるとは、現代の感覚からすると理不尽すぎる仕打ちかもしれませんね。人の良い浦島が残酷な性格に変わってしまったのは、厳しい環境のなせるわざなのでしょう。善意が必ずしも相手のためにならないこともある、ということかもしれませんね。この物語は「怨返し」というちょっと怖い内容ですが、元々民話や昔話には残酷な内容が多いということからすると、これは典型的な民話らしい話かもしれませんね。おそらく昔話や伝承というものは教育的な配慮からできたものではなく、当時の人々の残酷性や恐怖心などが反映されたものではないかと思います。もし浦島太郎伝説に現代人の思いを反映させたなら、こんなブラックな結末になってもおかしくないかもしれないと感じました。

時空モノガタリK

この作品を評価する

 竜宮城での三日三晩の宴を終え村に戻った太郎は、乙姫から貰った玉手箱を脇に抱え亀に告げた。
「当たり前の事をしただけなのに、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。でも、亀さん今度は助けなくても良い様に、子供たちには用心して下さい」
「太郎さん、ありがとうございます。これからの事も心配してもらい、ホント良い人に助けて貰って感謝の言葉もありません」
 お互いに深々とお辞儀をすると、太郎は沖合に消えていく亀の姿を見送った。

「家に戻るか。三日も留守にしてしまったから、さぞ驚く事だろう。でも、土産を貰っているから大丈夫だ」
 松林を抜けた先にある家に向かった。のだが・・・・、松の木肌が随分と赤い、黒松なのに。家がある筈の場所に辿り着いても、見渡す限り田んぼが広がっている。

! おかしい。

 田んぼの横で休んでいる男に聞いてみる。
「ここは、浦島村ではありませんか?」
 男は怪訝そうにこちらを向くと、
「確かに、浦嶋村だ」
「あの辺に、私の家があった筈ですが知りませんか?」
「何を言っている。この辺一帯庄屋様の田んぼだ。家なんぞ、ずーっと昔からあるはずがなかろ」
 男は、あからさまに怪しい者を見る目つきになっている。
「私は、浦島村の太郎と言います。私を知りませんか」
「確かにここは浦嶋村だが、太助はいても太郎は知らん。仕事の邪魔だ、向こうに行け」
 男は鋤を振り回すと太郎を追い払ってしまった。

「なんて事だ。私の知っている浦島村とは変わってしまった。家が無くなって田んぼになっているとは、そんなに年月が過ぎているのか? 海の中の竜宮城に行って来たのだから不思議な事が起きたのかも知れない」
 太郎は今日の宿も、今日の飯の当てもない。如何したものか?いくら考えても埒が明かなかった。

 ! 

「そうだ。困った事があったら開けなさいと言われた玉手箱」
 横に置いたはずの玉手箱が無くなっている・・・・。何処を見ても何処を探しても無い。遠くで子供たちが遊んでいるだけだった。
「なんて事だ。乙姫さんから貰った玉手箱を盗まれてしまった」
 頼みの綱が切れてしまった。


 そして、太郎は村はずれの小屋に住み着き、魚を獲って細々と生活をする様になった。シケの日が続くと、食べ物が底をつき、大漁の時は子供が盗みに来た。
 その割に、村で何かがあると最初に太郎が疑われた。行く当てのない太郎は耐え忍ぶしかなかった。魚を盗られても石を投げつけられても、小屋があるだけマシ。魚を獲れるだけマシだったからだ。


 そんな生活が続いたある日。村のガキどもが、何かにモノに石を投げたり棒で叩いたりしていた。よく見ると、かつて助けた亀が虐められているではないか。
 全ては、この亀を助けた事が間違いだった。
「なにが、お礼の宴だ」
「なにが、家まで送ります。だ!」
 太郎の全身に怒りが込み上げていた。ガキの一人から棒を取り上げると、ガキどもを払いのけた。
「これは、俺のだ。お前ら失せろ」
 太郎の一括に、ガキどもは蜘蛛の子を散らすように逃げていった。

「これは、どこのどなたか存じませんが、助けて頂きありがとうございます。つきましては、お礼に竜宮城にお連れ致したいと思います」
 やつれはてた太郎に気が付かずにいる亀だった。
「竜宮城なぞ興味はない。俺は亀鍋を食べたいだけだ」
 裏返しにされている亀は足をバタつかせながら、でも冷静を装いつつ、
「私の肉には毒があります。食べたら死にますよ」
 太郎は棒で亀を小突きながら、ニヤリとすると、
「そんな事、俺は知っている。だから村人に振る舞うのさ。この村には世話になったからな」
 亀の首に縄をかけ、小屋まで引きずって行った。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/05/20 光石七

拝読しました。
よく知られている結末でも浦島太郎の心に後悔や恨みが生じそうなのに、ここまで酷い目に遭っては……。
「怨返し」というタイトル、納得です。
ブラックな結末ですが、それまでの太郎の苦労や孤独を思うと切ないですね。
面白かったです!

17/05/20 風宮 雅俊

三石七 さま

 コメントありがとうございます。この物語は「怨」の字は「おん」と読むので、思いつきました。
あとは、太郎の人柄の変化にコントラストをつけ、それの妥当性。
一番苦心したのが、最後の一文でした。

「切ない」と感じて貰えたのは嬉しいです。

ログイン