1. トップページ
  2. くまなかさんのページ

くまなかさん

恐る恐る参加。よろしくお願いします。

出没地 ひきこもり
趣味 絵、小話書き
職業 ひきこもり
性別 女性
将来の夢 自立
座右の銘 果報は寝て待て

投稿済みの記事一覧

1

形見

17/09/28 コメント:0件 くまなか 閲覧数:289

 この財布もケイコが幼い頃には、うつくしい朝焼けの色をしていた。今は余り触れない、フリップの下のみが薄いあけびいろをして、上下には長く使われてすり減った牛革の茶色が染み出ている。祖母の遺品で、気づけばケイコの手元にあった。良い物を長く使うをモットーにした祖母が最も愛用した一点ものだけに、母も処分しきれなかったのだろう。ケイコはそれを家庭の一時的な札入れにした。一人娘ももう大学生になり、学費諸々で十・・・

0

幸い

17/07/21 コメント:0件 くまなか 閲覧数:231

 俊樹ももう世帯をもつ。予定になかった妊娠だったが、長く付き合って家族同士の交流があったので、幸い好意的に受け止められた。或る日、妻の美穂子が不安も顕な顔で時間をくれと言うから、俊樹は釣られて不安になりながら、忙しい仕事を早く切り上げ、向き合った。美穂子は「これ」と一枚の便箋を取り出した。宛名宛先はない。
”俊樹ちゃんへ。大きくなりましたね。ずっと見てきたお母さんはとても嬉しいです。お式を挙・・・

0

満員電車

17/04/21 コメント:0件 くまなか 閲覧数:346

 人身事故で電車が止まった。この瞬間ほど、悪意が高まる時を他に俺は知らない。金を失った、職をうしなった、もしかしたら家族や、恋人、そういう金では賄えないものをなくして――あるいは漠然とした絶望で。命を失う人を、これだけの人数が一斉に恨むのだ。足の下に線路さえなければ、行く先が時間に厳しい職場、あるいは容赦なく始まるコンサートでなければ。この人達は口々に”大変だっね””辛かったね”そういう言葉でねぎ・・・

2

呪い

17/03/19 コメント:2件 くまなか 閲覧数:365

 さくらの飛沫を浴び、ビールが詰まって重いスーパーの袋を持ち替えながら、僕は”お母さんは大丈夫だから、将来お嫁さんがきたらうんと大事にしてあげて”最期に聞いた母の言葉を思い出していた。時刻は午後の四時、待ち合わせは午前十時だったはずだ。幾ら女性が身支度に時間がかかるといっても、流石にドタキャンだろう。十二時を超えた辺りから携帯を一時間に一度鳴らすも”おかけになった電話は電波の届かないところに……”・・・

1

ねこのなわばり

17/01/06 コメント:0件 くまなか 閲覧数:451

 築三十二年、三階建。三畳が二間続きにあり、風呂も無ければトイレも共同。申し訳程度に給湯器がついていて、生ぬるい湯が出る。近所ではもう誰も住んでいないと言われていたが、このすみれ荘にも立派に住民は居る。ただ、まっとうに生活をしている奴がいないだけで。
大家のばあちゃんが猫に餌をやるものだから、常にどこかしかから糞尿のにおいが漂うが、家から飛び出したばかりのここあには十分天国だった。部屋は最上・・・

1

消費動機

16/12/20 コメント:0件 くまなか 閲覧数:465

 まりはデカ目コンタクトを入れてから粘土を捻るようにベースを作り、アイプチを入れて。アイラインを垂れ気味に目の外二ミリに太く引いて、内側は薄桃色のハイライトで潰す。つけまは三分の一、目尻側。下まつげもラインに沿って。ぱちりと瞬きをする。お人形のような女の子を目指して作り上げた、鏡の中の自分は最後にリップを引いた。ベースを作る時には憂鬱だった気分もこの頃にはもう気分はお姫様で、化粧は面白い。近くのコ・・・

  1. 1
ログイン