1. トップページ
  2. 玲桜さんのページ

玲桜さん

玲桜と申します。Pixivと小説家になろうでも投稿しています。ツイッターもやっていますので、気軽にフォローしてください。

出没地 アニメイト
趣味 執筆、落書き。基本的に読むのはラノベと少女マンガ。乙女ゲーム大好き。
職業 フリーター
性別 女性
将来の夢 ゲームのシナリオライター
座右の銘 握れば拳、開けば手のひら。

投稿済みの記事一覧

0

真夜中の秘密

12/10/02 コメント:1件 玲桜 閲覧数:1195

深夜番組が好きだった。
それは中学高校の頃がピークだった。
当時は土曜日も学校があった時代で、金曜日の真夜中に「ミュージックステーション」を見始めたのがきっかけだった。
あの頃、岩手県にはテレビ朝日系列が入っていなくて、何週かずれた放送を午前2時頃から放送していたのだ。
とあるテクノ系ユニットの音楽に魅了された私は彼らの出演を見たくて頑張って起きていた。
夜が明けたら・・・

0

犬から始まる探検隊

12/09/25 コメント:0件 玲桜 閲覧数:1169

隣のピースはよく吠える小型犬だ。
これは隣人への苦情ではない。
あくまで、早口言葉の「隣の客はよく柿食う客だ」のパロディだ。
本当によく吠える。
道路ですれ違った相手すべてに吠えるのだ。
小型犬なのに野太い声をしているので、ピースだと一発でわかる。
もうちょっと甲高いかわいらしい声をしていたら印象も違うのだが。
とにかく家族以外を敵視しているとしか思えない・・・

0

リベンジ

12/09/18 コメント:0件 玲桜 閲覧数:1183

北海道には一度だけ行ったことがある。
私が大学1年生の時だった。
北見市内の国立大学に合格した弟のアパート探しという目的で、地理に弱い母と弟のサポートが私の役割だった。
つまり、純粋な旅行ではない。
それでも母子家庭3人の泊りがけの最後の旅だった。
真夜中の北斗星に乗った。
初めての寝台列車にはしゃいでなかなか寝付けない。
別室の弟が乗り物酔いをしていたこ・・・

1

あの頃の私

12/09/13 コメント:1件 玲桜 閲覧数:1250

駅に来るのは久々だった。
大人になって、自家用車を持った私は駅を利用することはなくなった。
田舎のこの町ではJRの在来線は2時間おきで不便だし、高速バスを使った方が何かと便利だ。
そういう意味では駅の構内に入るのは久しぶりだった。
前に来たのはいつだっただろう。
あのときに隣にいたのは誰だっただろう?
そうだ、高校生のときだ。
毎日がキラキラと輝いていて、・・・

0

時を刻む

12/09/13 コメント:0件 玲桜 閲覧数:1239

いつも時間を確認するのは祖父の形見の懐中時計だ。
戦争を生き抜いた祖父が持ち歩いていたもので、裏面には生々しい傷が残っている。
しかもねじまき式で、うっかりすると針が止まっている。
だが、私はそれを今でも愛用しているのだ。
学校の友達は皆、携帯電話で時間を確認するから、私がポケットから懐中時計を取り出すと珍しがられる。
最近はアニメや漫画の影響か、「執事ごっこ?」とか・・・

  1. 1
ログイン