1. トップページ
  2. 第140回 時空モノガタリ文学賞 【 育児 】

第140回 時空モノガタリ文学賞 【 育児 】

今回のテーマは【育児】です。

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

時空モノガタリ賞発表日:2017/09/11

※同一投稿者からのコンテストページへの投稿作品数は3作品とさせていただきます。
※R18的な暴力表現・性描写はお控えください。
※二次創作品の投稿はご遠慮ください。
※「極端に短く創作性のない作品」「サイト運営上不適切な内容の作品」は削除対象となりますのでご了承ください。

ステータス 募集中
コンテストカテゴリ
投稿期日 2017/07/17〜2017/08/14
投稿数 21 件
賞金 時空モノガタリ文学賞 5000円 ※複数受賞の場合あり
投稿上限文字数 2000
最大投稿数 3
総評

このコンテストにエントリーするには、ユーザー登録およびログインが必要です

ユーザー登録はコチラ ログインはコチラ

投稿済みの記事一覧

0

スペアガール

17/07/23 コメント:0件 miccho

 行列の進みは遅い。この調子だとあと三十分はかかるだろう。
(どうせならディズニーランドか、せめて水族館がよかったな)
 私の恨み節に気づく様子もなく、森さん、明美ちゃん、めぐちゃんはこの動物園の主役との対面を待ちわびてはしゃいでいる。

「パンダって育児放棄するんだってさ」
 森さんが得意気に話し始めた。
「イクジホーキって?」
 これはめぐちゃん。いつ・・・

0

人はそれを愛と呼ぶんだぜ

17/07/23 コメント:0件 ちりぬるを

  レポートナンバー395
 午前七時起床。朝食のバナナ、ヨーグルト、牛乳を完食。午前中は積み木で遊ぶ。最近は自分の背丈程のタワーを作るのがハジメのブームらしく、今日は昨日よりも二段高いタワーを建てることに成功していた。正午より昼食。野菜を煮込んだうどん。形があると残してしまう人参もスープ状だと食べられるようだ。二時間昼寝をして、私とキャッチボールをする。ボールを扱うのはまだ苦手なようで、私・・・

0

傷口を開かせる愛

17/07/23 コメント:0件 蒼樹里緒

 突然、このようなお手紙を人づてにお送りしてしまいますこと、お許しください。
 国王陛下の悪政は民を苦しめるばかりか、陛下のご子息の御心までも壊してしまわれたことは、貴方様もよくご存知かと思います。臥せておられる王子の御命も風前の灯火であると、先日聞き及びました。
 我が一族は、長きに亘り王家にお仕えしてまいりました。私の一人息子も、王子の替え玉として生涯を捧げるための教育を受け、王城・・・

0

愛と平和のシンボル

17/07/23 コメント:0件 W・アーム・スープレックス

 かつてどんなSF小説も、またその種の映画にしても、異星人の地球来訪に、こんな光景を描いたものがあっただろうか。
 その異星人の知能の高さは、我々地球人をはるかに超越していることは、恒星間飛行を可能にした彼らの乗り物と、地球との交信に中国語を使用したことからみても明白だった。  
 22世紀の世界共通言語が中国語なのをかれらは知っていた。異星人はその中国語をりゅうちょうに駆使して、我が・・・

0

ベイビー・イン

17/07/22 コメント:0件 貞治参

 小四の頃の僕のトレンドは、バスに乗って一人で駅ビルへ出かけることだった。
 あの日も、僕は新幹線の駅を内包する十階建の商業施設の中を歩き回った。目的はない。ただ店を眺めるのが楽しいのだ。百貨店や文具店、本屋、ゲーセン、CDショップ、靴屋を気の向くままに冷やかし、改札口のある一階まで戻る。三連休の初めだったせいか、どの階も人は多かった。
 歩き疲れた僕は一休みしたくなり、椅子を求めて彷・・・

1

めくるめく宝のとき

17/07/22 コメント:2件 笹峰霧子

 私は二度育児をしたことになる。
 自分の子供二人を育ててからほぼ31年経ったとき初孫が産まれ、ある時突然その赤ん坊を娘と二人三脚で育てることになった。
 産まれた直後に訪問した娘の家には、産院から連れ帰ったばかりの真っ赤な顔をした赤ん坊が眠っていた。そんな小さな赤ん坊を抱っこするのは何十年ぶりだったろう。
 
 その日以来子守りと食事作りは私の役目となった。
 乳母・・・

0

子には親の背中よりも腰を見て欲しい

17/07/21 コメント:0件 八王子

 娘のサキが5歳になり、反抗期を迎えた。
 母の言うことをなんでも拒み、父のやる気のない態度や横柄な口ぶりを真似するようになった。
 だから母は決心をした。
「私は育児を放棄します」
 日曜日の昼下がり、テレビの前に寝転がって女子ゴルフを真剣に見ている父に母は姿勢を正して言う。
 すると、片づけをせずおもちゃを散らかしてばかりの娘も手を止めた。
 突然の出来事に・・・

0

ゆりかご

17/07/21 コメント:0件 猫春雨

 そのゆりかごはお母さんからのお下がりだった。
 お母さんもまたおばあちゃんから受け継いだらしい。
 当然私も、記憶には無いけれど使ったはずだ。
 そして、私の娘もまたそのゆりかごに揺さぶられている。
 このゆりかごは不思議だ。
 どんなに泣きわめいていても、ゆりかごに乗せるとピタリと泣き止む。
 そればかりか、きゃっきゃっと笑い声まで立てるのだ。
 おか・・・

0

幸い

17/07/21 コメント:0件 くまなか

 俊樹ももう世帯をもつ。予定になかった妊娠だったが、長く付き合って家族同士の交流があったので、幸い好意的に受け止められた。或る日、妻の美穂子が不安も顕な顔で時間をくれと言うから、俊樹は釣られて不安になりながら、忙しい仕事を早く切り上げ、向き合った。美穂子は「これ」と一枚の便箋を取り出した。宛名宛先はない。
”俊樹ちゃんへ。大きくなりましたね。ずっと見てきたお母さんはとても嬉しいです。お式を挙・・・

0

なんだか大変だったけど、お金もらえたー

17/07/21 コメント:0件 ちほ

 パブ『ロビン』の店主ピートは、6歳の息子ウォルターと『ごはん部屋』で昼食をとっていた。そして、食後のデザートとして用意された色とりどりのフルーツでいっぱいの大好きなパフェを、ウォルターはうっとりと見つめる。スプーンを手にした時、玄関のドアのカウベルが鳴った。ウォルターはパフェに夢中になりすぎて、ベルの音も父が席を外したことにも気がつかなかった。だから、父の友人である領主のユキヤにいきなり片・・・

0

フィルタリング

17/07/19 コメント:0件 家永真早

 この口から発せられる汚い言葉すべて、綺麗な言葉になるようなフィルターが欲しい。優しい声になって、笑った顔になって、傷付けないことができたら良い。
 言葉は一番簡単な暴力だ。取り消せない言葉は深く刺さり、見えない棘となって蝕んでいく。
 だから暴言は無力になり、溜め息も舌打ちも不機嫌な態度も全部全部覆い隠して綺麗な姿にして欲しい。
 子供の時に投げられた言葉や態度は種となりやがて・・・

0

ライバル

17/07/18 コメント:0件 蔵内一生

「妊…娠?誰が?」
「私に決まってるじゃないの!」
結婚して3ヶ月目の記念日に、妻の香織が妊娠した。
「嬉しくないの?!洸ちゃん!」
「い、いや。うれ…しいよ。」
正直、嬉しくはなかった。子供は、嫌いだ。ギャーギャー泣くし、オモチャを散らかしたり、物を壊したりする。なによりも…香織を独り占めにする…

そして、数ヵ月がたち、香織は元気な男の子を産んだ。男の・・・

0

初めての女

17/07/18 コメント:0件 喜久之湯

「ん〜もう大好き」
 そう言いながら、女は俺に抱きついてきた。
 まったりとした時が流れている。レースのカーテンは柔らかに波をうちながら午後の日差しに揺れていた。

 こうして女の胸もとに身体を預けていると安心する。本来なら、男の俺が抱きかかえなければならないことは百も承知だ。だが、今は甘えておこう。
 俺が心から和んでいることを笑顔で伝えると、女は目じりを下げて微笑・・・

0

そうして巡る

17/07/18 コメント:0件 村崎紫

今年、我が家の玄関にツバメが巣を作った。
ツバメが飛んでいるな、と思っていたらみるみるうちに泥と枯れ草で作られていた。掃除が楽になるよう、巣の下に空箱を置く。巣になり損ねた物と糞がよく落ちてきた。
調べてみるとツバメは雌雄で子育てをするそうだ。抱卵中はほとんど雌で、雌が食事に出る時だけ雄が温める。なかなかの育メンだなと思っているうちに、卵から孵化していた。
鳥と言うより黄色い口が・・・

1

エイジハラスメント

17/07/17 コメント:0件 林一

 私はもうすぐ四十になる。ちなみに独身だ。
 仕事一筋でこの歳まで頑張ってきたのに、職場ではおばさん扱いされてつらい。私の方が若い子達よりも仕事ができるのに、何であんな若いだけの子達がちやほやされるんだか。あーむかつく。
 あれ? あそこにいる女の子、一人で泣いてどうしたのかしら? お母さんとはぐれちゃったのかな? 私の年齢だったら、今頃あれくらいの歳の子供を育てていてもおかしくないの・・・

0

のっけて丼

17/07/17 コメント:0件 林一

 日曜日。俺は娘と二人で魚市場にきていた。
 この魚市場には、丼ぶりに好きな刺身をのっけて、オリジナルの海鮮丼が作れるという名物、のっけて丼がある。久しぶりにのっけて丼が食べたいとさっき娘にせがまれ、急遽くることになった。
 娘はご飯の入った丼ぶりをもらうと、嬉しそうに色んなお店の前を歩き回っていた。
「おじさん、サーモンとハマチのっけて」
「はいよ、お嬢ちゃん」
「・・・

2

二分の一 成人式

17/07/17 コメント:2件 風宮 雅俊

「とうちゃん、作文の宿題があるんだ」
 夕飯の片づけが終わって、とうちゃんが風呂に入る前に捕まえる。一日に一回のチャンスだ。
「おまえの宿題だろ?」
 逃げの態勢のとうちゃんに低姿勢かつ逃げ場を与えない様に言わなくてはいけない。
「生まれた時の事を両親に訊いて書かく様に先生に言われたんだ」
「産んでないよ」
 面倒くさい全開のオーラが出ている。
「とうちゃ・・・

0

雑巾を絞れない子供

17/07/17 コメント:0件 戸松有葉

 昨今、雑巾を絞れない子供が増えている――。
 日本では、学校での掃除を児童・生徒が行なう慣習があるため、この実態が露呈した。
 しかし問題視されるようになったからといって、政府から家庭教育に口出しすることは自由を尊重しないことになる。対策が講じられることはなかった。
 必然、現状は続く。掃除自体は行われても、やはり雑巾は絞れない。
 子供らが絞ろうとすると、すぐ雑巾をバラ・・・

0

魔王に育てられた勇者の子

17/07/17 コメント:0件 戸松有葉

 遠い昔のお話です。
 この国には魔王という怪物がいました。
 人間は魔王と戦いましたが、敵いません。人間の希望の星であった勇者も、命を落としてしまいます。
 しかも魔王は、まだ幼かった勇者の子供を連れ去りました。勇者の子供は、残された希望であったのに、それすらも失われたのです。
 人々は魔王に恐怖する日々を過ごしました。
 魔王は勇者の子、未来の勇者を、育てました。・・・

2

父親、子供、母親

17/07/17 コメント:4件 戸松有葉

〇父親

 再婚同士だったが、俺は子供がいなかったため、再婚で初めて父親というものになった。
 まだ就学前の、男の子。正直可愛くて仕方なかったが、父親としての役割もしっかりこなさねばならない。すなわち、教育だ。
 その子には、言動がおかしいところがあった。また、病気を患っており、医師の言う通りに生活せねばならないという不自由さがあった。親として、より自覚を持たねばならないと・・・

1

私の赤ちゃん

17/07/17 コメント:2件 瀧上ルーシー

 私は赤ちゃんと二人でアパートに暮らしています。この子のお父さんはいないのですけれど私の両親が十分な仕送りをしてくれているため旦那がいなくても子育てに専念できます。よく覚えていないのですけれど赤ちゃんは今生後三ヶ月? きっと半年はこえていないと思います。
 ベビーベッドの上で寝ていた赤ちゃんが泣き出しました。きっとおしめだと思いましておむつ替えシートの上に赤ちゃんを仰向けに寝させてお尻を少し・・・

ログイン
アドセンス