1. トップページ
  2. 第103回 【 自由投稿スペース 】

第103回 【 自由投稿スペース 】

恋愛・ちょっといい話・伝説・不思議な話など、
小説・エッセイ等の散文であれば
スタイルは問いません。
体験や事実に基づく必要もありません。

ステータス 募集中
コンテストカテゴリ
投稿期日 2017/03/20〜2017/04/17
投稿数 2 件
賞金
投稿上限文字数 10000
総評

このコンテストにエントリーするには、ユーザー登録およびログインが必要です

ユーザー登録はコチラ ログインはコチラ

投稿済みの記事一覧

0

宇宙服

17/03/23 コメント:0件 笹山美保乃

 都会の街に、ある老人がおりました。その老人はいつも、傍目からは奇妙な色のスーツを着ていることで、街の人々には有名でした。
 奇妙な色とは、形容しがたい色でした。黒に白、赤、青、黄、茶、それからアイリス、メドゥーズ、アランブラ、モーブ、ヘイズ、それからそれから海松茶、錆鉄御納戸、黒紅、象牙、蘇芳…とにかくありとあらゆる色んな色が点々と、星のように散りばめられたスーツを老人は着て、街の歩行者天・・・

0

「グリーンゲートの少年たち」第7話・しおり〜最終話・おわりに(旅の果て)

17/03/20 コメント:0件 ちほ

 夏休みが終わっても、ここグリーンゲートの木々は緑に溢れ、街の中央に流れる川は穏やかだった。春に星流学院高等部に転入したばかりの鳴海は、あと半月もすれば秋の嵐が来ると友人から聞いていた。穏やかに見えて、激しさを見せつけてくると。でも、水も空気も綺麗だから、ここに療養に来る者もずいぶんと多い。
 窓から顔を出してグリーンゲートについて考えていると、玄関からお手伝いのあやちゃんと桃ちゃんが出かけ・・・

ログイン
アドセンス