ひーろさん

ミステリーが好きです。

性別 男性
将来の夢
座右の銘 想像できることはすべて実現できる。

投稿済みの作品

0

落下

16/08/10 コンテスト(テーマ):第87回 【 自由投稿スペース 】 コメント:0件 ひーろ 閲覧数:551

この作品を評価する

 人々の見上げる視線の先に、ある一人の男が立っている。
 男は上半身裸で、顔をひきつらせ、微かに身体を震わせている。
 小さく見える人々を見下ろしながら、男はそっと目を閉じて、ふうと息を吐き出した。

 やがて男は決心した。

 後悔などないのだ、と自分に言い聞かせる。今日までの辛く苦しい日々を思い返す。無意識のうちに、早く楽になりたい、と呟いていた。
 足を一歩前に踏み出し、そこの一番端に立った。その瞬間、人々の声が高まった。
 男は内心で、ぞわぞわと恐怖が込み上げてくるのを感じた。
 しかし後戻りなどしない。できるはずもない。ここでおびえて突っ立っていたところで、この現状はいつまでたっても打破できないのだ。男の決心は揺るがなかった。
 人々は男を見上げながら、ごくりと息を呑んだ。
 もはや誰も、どうすることもできない。一体どうなるのだろうか……。
 その場は、緊迫した空気に支配されていた。




 そしてついに、男は思い切り足を踏ん張った。そして、身を投げるように空中へ飛び出した。

 男の身体は下に向かって落ちていく。

 みるみるうちに落ちていく。

 途中、男の体は何度かくるくると回転した。

 それでも下に落ちていく。

 重力に逆らうことなく落ちていく。
 
 勢いを増しながら、すごい速さで落ちていく。
 
 あっという間に男は頭から落ちて……



 ……!



 男は水中に姿を消した。
 それと同時に、人々は大きな歓声を上げた。
 一部始終を見守っていた実況の男は、興奮した様子で叫んだ。

「佐藤選手、素晴らしい飛び込みでした!見事プレッシャーに打ち勝ちました!これで優勝は間違いないでしょう」


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン