1. トップページ
  2. パピプペポマン

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

2

パピプペポマン

16/07/25 コンテスト(テーマ):第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】 コメント:6件 こぐまじゅんこ 閲覧数:604

この作品を評価する

 パンチはするどく
 ピンチにつよい
 プロペラくぐってやってくる
 ペンダントがキラリと光るぜ
 ポテト大すき パピプペポマン


「はるくん、ごはんよー。」
 おかあさんが、言います。
 今日は、はるくんのにがてな、ピーマンのいためもの。
「えーん、ピーマンきらい。たべたくない。」
 はるくんが、もんくを言っています。
 すると、どこからか、みどりいろの大きなかいじゅう、ピーマンギラスが、やってきました。
「おれさまをたべないなんて、わるい子だなぁ。こらしめてやる!」
 ピーマンギラスは、はるくんにむりやりピーマンをたべさせようとします。
「いやだぁ。」
 はるくんは、大きな声で言うと、なきだしました。
 とつぜん、台所のかんきせんが、うごきだしました。
 かんきせんのプロペラが、くるくるまわります。そして、プロペラのすきまから、パピプペポマンが、でてきました。
「パピプペポマン参上!」
 パピプペポマンは、ピーマンギラスにききます。
「ピーマンギラス、なにをしているんだ。」
「おいらは、みんなにきらわれる。おいらを、のけものにするやつを、こらしめるんだ。」
 そう言うと、ピーマンギラスは、
「ピーマンビームをうけてみろ!」
と、あたまから、光線をはなちます。
 ピーマンビームが、パピプペポマンのペンダントにちょくげき。
 でも、パピプペポマンは、わらっています。
 ペンダントは、キラリと光ると、ピーマンビームを、そのまま、はねかえしてしまいました。
 ピーマンビームは、なんと、ピーマンギラスに・・・!
「うわぁ、やられたぁ。」
 ピーマンギラスは、その場にすわりこみました。
 パピプペポマンは、ピーマンギラスをだきおこすと、
「ちょっとまってろよ。」
と言って、お肉屋さんに行きました。
 ミンチを買って、フライパンで、いためます。
 さとうと、しょうゆをいれて、ジュージューいためると、いいにおいがしてきました。
 そして、台所にあったピーマンに、いためたミンチをつめこみます。
 はるくんの目の前に、ピーマンの肉詰めがでてきました。
「はるくん、たべてごらん。」
 パピプペポマンが、えがおで言います。
 はるくんは、「うーん。」と、ためらっています。
 しばらくなやんでいたけれど、ひと口たべてみました。
「ピーマンが、にがくない。お肉もおいしい!」
 はるくんは、ペロリとたべてしまいました。
「あー、おいしかった。」
 そのことばをきいたピーマンギラスは、そっと、つぶやきます。
「はるくんが、おいしいって言ってくれた。おいら、うれしいよ。」
 それから、ふわっとけむりがたったと思ったら、ピーマンギラスは、消えていました。
「もう、ピーマンギラスはでてこないよ。はるくんが、ピーマンをたべれるようになったからね。」
 パピプペポマンは、はるくんのあたまをなでると、かんきせんから、とんでいきました。

 はるくんは、パピプペポマンに、さけびます。
「ありがとう。パピプペポマン!」

 
 きっと、みんなのところにも、こまったときには、パピプペポマンが、きてくれるよ。

 みんなの味方 パピプペポマン
 みんな大すき。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

16/07/25 葵 ひとみ

こぐまじゅんこさま

拝読させて頂きました(^^*)

小説とは話がずれるのですが、

今年の夏に食べたピーマン餃子を想い出しました(^^*)

パピプペポマンのような好ききらいをなおしてくれる

みんなの味方が本当にいるといいですよね(^^*)

評価させていただきました。
ありがとうございます。

16/07/25 こぐまじゅんこ

葵 ひとみさま。

コメントと、評価ポイントをありがとうございます。
パピプペポで童話を書くのは、かなり難しかったのですが、なんとか形にできました。ピーマン餃子。私も、食べてみたいです。
では、またぁ。

16/07/26 葵 ひとみ

こぐまじゅんこさま。

こぐまじゅんこさまの絵本「ごんごの思い出」の舞台

「岡山の津山の名物に「ジャンボピーマン」こと

通称「ジャンピー」もあったはずです(^^*)

16/07/26 こぐまじゅんこ

葵 ひとみさま。

ジャンボピーマン。
聞いたことあります。
今度、食べてみようと思います。

16/08/07 こぐまじゅんこ

海月漂さま。

コメント、ありがとうございます。
ピーマン、きらいな子は、多いですよね。
そのうち、食べられるようになりますよ。

かわいらしいお話といってもらえて、うれしいです。
ありがとうございました。

ログイン
アドセンス