1. トップページ
  2. へのへのもへじ

蹴沢缶九郎さん

どうもはじめまして、蹴沢缶九郎と申します。暇つぶしに読んで頂ければ幸いです。「小説家になろう」でも同ニックネームで掌編小説を書いてます。http://mypage.syosetu.com/707565/ よろしくお願いします!!

性別 男性
将来の夢
座右の銘 明日は明日の風が吹く

投稿済みの作品

0

へのへのもへじ

16/06/07 コンテスト(テーマ):第110回 時空モノガタリ文学賞 【 雨 】 コメント:0件 蹴沢缶九郎 閲覧数:645

この作品を評価する

梅雨の時期に突入し、連日雨が降り続いている。空を雨雲が覆い、久しく陽の光を見ていない気がする。窓から降りしきる雨を見ていた僕は、ふと小学生の頃の記憶を思い出した。それは、遠足の前日、「明日は晴れますように」と願って作ったてるてる坊主の記憶。
もうそんな歳でもないが、僕は久しぶりにてるてる坊主を作ってみようと思った。丸めたティッシュペーパーをティッシュペーパーで包んで、首にあたる部分を輪ゴムで止める。顔はマジックで描いた『へのへのもへじ』。五分ほどで作り上げた簡易的なてるてる坊主を軒下に吊るし、「明日は晴れますように」と願った…。

翌日、空は雲一つなく晴れ渡り、『へへへのもひじ』となっていたてるてる坊主は、僕にウインクをして微笑んでいた…。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

ログイン