1. トップページ
  2. お山のパンケーキ

こぐまじゅんこさん

詩を書いたり童話を書いたりしている主婦です。 みなさん、よろしくお願いします。 MyISBN−デザインエッグ社さんから、絵本「おしえて!ねこばあちゃん」を出版しました。 アマゾンでも取り扱っていますので、よかったら みてくださいね。 ブログ「こぐまのノート」も書いています。

性別 女性
将来の夢 自分の書いた童話を孫に読んで聞かせたいです。
座右の銘 しあわせはいつも自分の心がきめる

投稿済みの作品

1

お山のパンケーキ

17/04/24 コンテスト(テーマ):第133回 時空モノガタリ文学賞 【 スイーツ 】 コメント:2件 こぐまじゅんこ 閲覧数:235

この作品を評価する

 くまくんとうさぎさんが、山であそんでいました。
 くまくんのおなかが、ぐぅとなりました。
「おなかすいちゃった!」
 くまくんが、ちょっぴりはずかしそうにいいました。
 うさぎさんは、
「なにかおいしいものをつくりたいね。」
というと、山の中をキョロキョロさがしはじめました。
「くまくん、ハチミツとるのとくいでしょ。」
 うさぎさんが、大きな声でいいました。
「うん、あそこの木にあるとおもうよ。」
 くまくんは、はしっていくと、ままごとのカップにハチミツをたっぷりとってきました。
 うさぎさんは、野イチゴをたくさんあつめます。
「パンケーキをつくろうよ。」
 うさぎさんのおうちに行きます。
 ボールに、こなとたまごと牛乳をいれました。
 ぐるぐる ぐるぐる まぜました。
 フライパンでやきます。
 ジュー
 プツプツと生地に穴があいてきました。
「くまくん、ひっくりかえして。」
「うん。」
 えいやっと生地をひっくりかえしました。
 こんがりとおいしそうなこげめが、ついています。
 プーンといいにおいがしてきました。
 おさらをとりだして、パンケーキをのせました。
 ハチミツをかけて、野イチゴをそえます。
「お山のパンケーキ、できあがり!」
 うさぎさんが、うれしそうにいいました。
「いただきまーす。」
 くまくんとうさぎさんは、パクパクたべました。
 あまくておいしいパンケーキ。
 おなかがいっぱいになりました。


コメント・評価を投稿する

コメントの投稿するにはログインしてください。
コメントを入力してください。

このストーリーに関するコメント

17/04/25 まー

ハチミツかけて野イチゴそえて……お山のパンケーキおいしそうですねぇ。
えいやっと生地をひっくりかえすくまくんが目に浮かんで微笑ましかったです。
いつも気分がほっこりするお話をありがとうございます。

17/04/25 こぐまじゅんこ

まーさま。
コメントありがとうございます。
ほっこりするお話といっていただけて、とってもうれしいです。
孫が喜んで聞いてくれたお話です。

ログイン
アドセンス