短編小説・掌編小説などの小説投稿サイト「時空 モノガタリ」コンテスト形式なので「読んでもらえます」「評価してもらえます」「力作ぞろいです」

  1. STEP1:まずは会員登録
  2. STEP2:コンテストを検索
  3. STEP3:エントリー・当選!

最新のコンテスト

第117回 時空モノガタリ文学賞 【 本屋 】

終了まで 27

カテゴリ:
登録日:
2016/08/29
文字数:2000
 エントリー:
12件

第88回 【 自由投稿スペース 】

終了まで 20

カテゴリ:
登録日:
2016/08/22
文字数:10000
※コンテストではありません
 エントリー:
10件

第116回 時空モノガタリ文学賞 【 裏切り 】

終了まで 13

カテゴリ:
登録日:
2016/08/15
文字数:2000
 エントリー:
46件

第87回 【 自由投稿スペース 】

終了まで 6

カテゴリ:
登録日:
2016/08/08
文字数:10000
※コンテストではありません
 エントリー:
10件

終了間近のコンテスト

第86回 【 自由投稿スペース 】

終了日 2016/08/22

カテゴリ:
登録日:
2016/07/25
文字数:10000
※コンテストではありません
エントリー:
7件

第114回 時空モノガタリ文学賞 【 パピプペポ 】

終了日 2016/08/15

カテゴリ:
登録日:
2016/07/18
文字数:2000
エントリー:
70件

第85回 【 自由投稿スペース 】

終了日 2016/08/08

カテゴリ:
登録日:
2016/07/11
文字数:10000
※コンテストではありません
エントリー:
16件

第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

終了日 2016/08/01

カテゴリ:
登録日:
2016/07/04
文字数:2000
エントリー:
77件
 
メモリアル

当選した記事

そして空気を震わせることのない絶叫

コンテスト:第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

カテゴリ: 登録日:16/07/09

入賞時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】入賞作品

 幼い頃から、世の中には聞きたくないことの方が多かった。  小学生の時には、クラスの男子が私の外見上の劣等性を揶揄する声が、当たり前に教室に響いた。  中学に上がると、私を社会的弱者として擁護する気遣いや、降って湧いたような同情を押しつける言葉が私の耳に流れ込んできた。  そのため、私は中二の夏頃に、ある特技を身につけた。こめかみを指で三回叩くと、周囲からの音をシャットアウトして、無音の世界...... 続きを読む

好奇心と最後のダンス

コンテスト:第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

カテゴリ: 登録日:16/07/09

入賞時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】入賞作品

 僕は親友と、田舎の爺さんのとこに泊まりに来ている。  と言っても、ほとんど会った事も無かった。  来年就職するから、今のうちに旅行にでも行きたい、ナンテ母に言ったら、 「アンタ、小さい頃に行ったお爺ちゃんの事、覚えてる? アソコの海は綺麗だから、行くと良いよ。お爺ちゃんのトコに泊まれば安く上がるわよ」  ダカラ、会った事すらアマリ覚えてない爺さんの田舎に来たんだ。で、今チョット後...... 続きを読む

次に踊るは、おじいちゃんの僕

コンテスト:第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

カテゴリ: 登録日:16/07/15

入賞時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】入賞作品

「週末は?」 「嫁や息子と。昔は歌舞伎町でオールばかりしてたけど」  そう返すと、意外そうな顔をされる。僕は真面目に見えるらしい。  でも、イメージが間違ってます。遊びの「内容」についてのイメージが。  ◆  僕には師匠がいる。  師匠ほど、才能があって、話も合う人はいない。「この人には絶対にかなわない」と思っている。  出会いは大学時代のパソコンチャットだった。...... 続きを読む

「お客様の中に、ダンスが得意な方はいませんか?」

コンテスト:第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

カテゴリ: 登録日:16/07/26

入賞時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】入賞作品

「お客様の中に、ダンスが得意な方はいませんか?」  その言葉に、満席の機内がざわついた。  客室乗務員の女性が、おどおどした声で繰り返す。 「お客様の中に、ダンスが得意な方はいませんか?」  やはり聞き間違いではなかった。彼女が探しているのは、「医者」や「飛行機の操縦経験のある人」ではなく、「ダンスが得意な人」だ。  これには、乗客たちのほとんどが首をかしげる。 「医者」が必要な状況な...... 続きを読む

アイナ〜北国のハワイから〜

コンテスト:第113回 時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】

カテゴリ: 登録日:16/08/01

入賞時空モノガタリ文学賞 【 ダンス 】入賞作品

『空』にかかる『虹』を見上げ 『夢』のように 『私』は、『あなた』を『愛しています』  ハワイはその昔、文字の文化を持たず、その豊かな自然に宿る神話と歴史は、書物ではなく、フラ(踊り)やメレ(歌)によって、人々に受け継がれてきた。  フラは語る。  手話のように優雅なハンドモーション。  波のリズムで揺れるステップ。  踊る動作の一つ一つには意味がある。  喜び、楽しさ、感謝の...... 続きを読む

本当に、温めますか

コンテスト:第112回 時空モノガタリ文学賞 【 弁当 】

カテゴリ: 登録日:16/06/20

入賞時空モノガタリ文学賞 【 弁当 】 入賞作品

 日もすっかり暮れた会社帰り、その若い女性は夕食用にコンビニ弁当を買おうとしたのだが、ふと気まぐれで、普段行かないコンビニへ寄ろうと思い立った。  せっかく違うコンビニに来たのだからと、いつもなら選びそうにない弁当をレジに持っていく。 「温めますか」  男性店員からの定型文句が聞こえたのに合わせて、反射的に応える。 「はい」 「……お客様、本当に、温めるのですか」 (え?)  何故か...... 続きを読む

 
ログイン

新着作品

ピックアップ作品

各種ランキング

新着のユーザー